大江家探訪

トップに戻る

古い京の町屋をリフォームして住んでいます。


2011年5月19日写真追加【更新】
※印の写真

仲良しの僕ら(茶髪ドラと魔人ブウ)が大江家をご案内します!
※茶髪ドラ…セピアドラえもんシリーズというドラえもんグッズの一つのテーマがあり、そのドラえもんです。れっきとした、オフィシャルグッズなんですよ。
※魔人ブウ…ドラゴンボールに出てくるキャラ
仲良しなので、いつも一緒に寝ています。
夜中に密談することも。
和室の飾り棚。
大江さんのお母さんの望みで設置。
大江さんの友達の趣味で刀を飾る。
2011年1月30日更新
昨年末、ついに、山女魚のフィギアを購入し、大江さんの和室に飾られました。
これで、渓流釣り師としての大江さんは満足しています。
※2011年5月19日更新
和室にとうとう、アマゴの絵がやってまいりました。
鮎釣り師の父親から譲り受けた鮎の絵もいいのですが、やっぱり、大江はアマゴ釣り師ですから。
和室は癒しの空間です。
ここで、疲れると大江さんが昼寝をします。
土間から和室を見たところ。.
土間から和室パート2
この建具、かなり年季の入った良いものだそうです。
これも、取り替えずに残してもらった建具です。
母親が来る度に磨き込んでいます。
こういう質の良い建具は磨けば磨くほどつやが出て、良い感じになるそうです。
何が入っているのかな?
おおー……。
階段の登り口です。
姉ちゃんが無理矢理くれたスリッパ立てが見えます。
うちは和室と洋間が半々で、客間は和室なのでスリッパ必要ないし、リビングにお通しする時もスリッパ履かない友人が多くて、スリッパ使用率低い。
おきゃくさまかなー?
これは、父親から貰い受けたもの。(ちなみに父はまだ生きてますよ)
鮎釣り好きだった父が知人から貰ったもの。
大江はアマゴやイワナを釣る人なので、アマゴの絵が良いんだけどな。
まあ、釣りつながりと言うことで。
お正月はここに鏡餅が飾られます。
あと、大江さんのご両親の織った西陣織の敷物が敷いてあります。
それは、季節毎に取り替えます。
季節の花を置け、と指導したのは大江さんのお母さん。
横の懐中電灯は、防災用でもあり、日頃はかぶと虫の幼虫をよく観察するために、飼育ケースに光を当てるのに用いられます。
その懐中電灯が入っている籠は、梅雨時や夏場、冷たいおしぼりをお客様に差し出すためのものです。
1階和室の窓枠より。蚊取りリキッドのブタ君と。
和室の天井。洋間とは違う素材で出来てます。
夏の間、大江さんが家庭菜園やかぶと虫の世話を外でする際に着用していた甚平と麦わら帽子。
夏の風物詩でした。
やっぱり、夏らしくていいですねー。
アマゴならもっと良いけど(しつこい)
俺たち写ってない写真もあるみたいだな。
「はーい、どちら様?」
たまにはお客さんのお出迎えを僕らもお手伝いします。
リビングのテーブル。部屋の中にも「緑」をおきなさいとお母さんの指導が入り、おいています。めっちゃ成長が早いです。
リビングの飾り棚兼大事な物置き場。
DVDやゲームソフトもここに収納されています。
食器棚はリサイクルショップで購入。
いつも清潔なキッチン。
ちゃんと自炊してるのか?
洗面台
風呂場。左からゾウさん、アヒルちゃん、カエルちゃん
ごちゃごちゃしているのを何とかしたいらしい
脱衣所の照明。
なかなかお気に入りだそうです。
古い京町屋の木をそのまま残した階段。
休みの日は大江さんがきゅっきゅっと磨いています。
かなり古いらしいけど、まだまだきれいに使えます
上から階段下を見る。
大江さんの姉ちゃんが、自分とこで邪魔になるので、大江さんに無理矢理あげたらしいスリッパ立て。今のところ全く活躍していません。
玄関の土間。ここも古い京町屋の雰囲気をそのまま残して、炭を塗ってのリフォームがされています。
この台もこだわって探してやっと見つけた一品らしい。
土間の天井
土間の天井はこうなっています。
町屋の古さが逆に新しさすら感じさせます。…吹き抜けっぽい?
今はかぶと虫の幼虫の飼育ケースがあります。
魔物が入ってこないように、破魔矢もあります。
玩具箱を探っていたら、節分の豆まきの豆についてたお多福の仮面発見。
玄関に飾ってみました。
福が来ますように。
玄関開けるとこんな感じ。
大江さんのお母さんは、実は入ってすぐかぶと虫の飼育ケースが目にはいるのが気に入らないらしい。
すかっと片付いている方がいいらしい。
それでも、大江さんはかぶと虫に関してだけは譲らないらしい。
幼虫は見た目怖いけど、毎日育つ様子を見ていると、可愛く思えてくるぞ。
一家団欒はリビングで。
このドラも重要な任務を持っています。
トイレ。狭いけれど、快適な空間
憩いの魔
チューナーで地デジ化完了しています。
12月にアンテナ工事も済ませたのですが、つい最近、チラシがひらりとポストに入っていて、なんと京都中継局が立ったので、市内のほぼ全域、Uアンテナが付いてれば、地デジが映るとか…そういう情報はちゃんと市民に伝えて欲しいと最近大江さんは怒っていました。
ドラえもん勢力がすごいなー。
ドラゴンボールのみんなも密かにいます。
このからくり時計は、大江さんが文学賞とった時の記念品らしい。
ラッピーの写真はいつも大江さんを暖かく見守っています。
炊飯器。もっとたくさん炊けるのが欲しいらしい。
でも、とても美味しく炊けます。なんてったって、「炊きたて」シリーズですから。
これは、姉ちゃんの友達が結婚する際、一人用の炊飯器は要らなくなるからとくれました。
電気ポットは今年買ったらしい。
よく、冷蔵庫と間違えられる電話台
電子レンジは大活躍。
僕らはいつでもあなたをまっています。
小さい家だけど、楽しんでいただけます。
階段最上階
大江さんのパソコン。この家の頭脳。
大江さんの部屋。夏場は気温が高い
この扇風機は現在使われていません。
今年、一般家庭用の大きさの扇風機をホームセンターで格安で1階と2階に買いそろえました。徐々に、一般家庭らしくなっていきます。
本棚。漫画ばっかり!…文芸書は押し入れにあるんだって。
でも、よく見ると、隙間隙間に文学関係のやたら難しそうな本もありますよ。
仲良し3人組。
この机は大学受験のために実家の真裏にあった廃墟寸前のアパートの一室(他には誰も住んでなかった)を借りて勉強していた時に買ったから、かなりの年代物です。
プリンター。
顔料インクのプリンターなので、印刷物は雨に濡れても流れません。
コピー・FAX・スキャナ・プリンター複合機。
A3までできるんだってさ!でかいねぇ。
大江さん、回覧板で回ってきた面白そうな文化イベントの広告をコピーしたりしています。
2階の和室。複合機やプリンターが置いてある部屋。
ここは、実は大江さんの納戸兼作業場。
釣りの仕掛けなどはここで作ります。
横の洋間にエアコンあるんですが、ここまで温風、冷風届かないので、夏は暑いし、冬は寒いですが。
チョロQがケースに入って陳列されてます。
現在はフィギアケースに陳列されています。
「熱帯魚」「渓流釣り」大江さんの趣味の雑誌
おお〜!難しい本もあるんだ!
大江さんの部屋から階下へ
階段の照明
大江さんの部屋はモノトーン
「いらっしゃいませ」お客様はここで出迎えます。
小さい家だけど、取りあえずはなんでも揃っているねぇ
リビングから和室を見る。
大江さんは一人の時は和室の電気を付けません。…ケチなのか?エコらしいよ。
Wiiもあります。
一通りまわった?まだあるよ。
玄関です。京風格子のドアです。
防犯対策もばっちり。
今、大江さんがせっせと世話してる家庭菜園。
エコなんだって。
・水菜
・大葉
・イタリアンパセリ
・山椒
・三つ葉

えーっと…(´・ω・`)
野菜は、イタリアンパセリを除いて、全部虫にやられてダメになっちゃいました(´・ω・`)
※2011年5月19日更新
今年は「焼肉サンチュ」「なす」「ブルーベリー」「レタス」「バジル」「クレソン」他、やはり食べ物ばかりを栽培しています。今のところ、虫もつかずに元気に成育中。
この焼肉サンチュはとくによく発育していますが、包む肉がないので、主にサラダとして食べていますが、ご近所犬ももちゃんの散歩帰りのデザートとしても活躍。サンチュ2枚とレタス1枚と飼い主さんと決めていますが、もっと欲しいようです。
窓も格子です。
和室で昼寝してても目隠しできます。
冷蔵庫の中見ぃちゃった!
階段。
お薬飲み忘れないように、一日分ずつセットされている。
それでも飲み忘れるだって。
バカだねー。
大江さんに見付かったら、「テーブルに乗るな!」って怒られるかな。
大江さんの部屋。無駄に広い。配置換えて有効活用すればいいのに。
仕事で疲れたら、ここで大の字になって仮眠するらしいよ。
ベッドで寝ればいい物を。
夜はベッドで、仮眠は床でってこだわってるらしいよ。

トップに戻る

HOME


Copyright c 1999-2011 UONOME CLUB. All rights reserved.