詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

海女は養成できない 佐野運平 - 2017/06/08(Thu) 02:16 No.100391   返 信
ザン藻が蔓延(はびこ)っていた
のけ者はいやだから
敬語を使う
私の孤独は
ザン藻取りを手伝って
解消される
その後やってくる電車に
事変はないか
気を使っても
私に海女は養成できないと
気付くのだった

以下 このスレッドへのレスです。

佐野運平さんお早う御座います。 野良人 - 2017/06/08(Thu) 09:40 No.100396  

Re: 海女は養成できない 佐野運平 - 2017/06/08(Thu) 12:25 No.100397  

Re: 人工天才生誕機 超音波エコーで赤子を起こす 古明地ことり - 2017/06/08(Thu) 13:44 No.100399  

Re: 海女は養成できない 佐野運平 - 2017/06/15(Thu) 03:12 No.100597  


セピア 冬季 - 2017/06/04(Sun) 21:48 No.100302   返 信


分かったよ、君の一番が僕じゃない事。
いや、分かってて分からないフリしてた。
いや、本当はよく分かってなかったのかもしれない。

僕は想われてると大切にされてると
バカのように祈って願っていた。

でも、分かってしまった。
君の奥の底の底の底。
見えてしまった、見なきゃ良かった。
でも、見てしまった、見えてしまった。

だから、もう戻れないよ。
だって、昨日は綺麗だった世界が
もう今はセピア色なんだから。

もう、戻れない。
壊してしまった僕が大切だった世界。
もう変わってしまった僕の世界。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: セピア ひろ - 2017/06/05(Mon) 13:33 No.100330  

ひろ様 冬季 - 2017/06/06(Tue) 15:35 No.100352  

Re: 赤と緑の螺旋より 古明地ことり - 2017/06/14(Wed) 23:58 No.100596  


そよぐ風 ケンタロウ - 2017/06/14(Wed) 20:05 No.100593   返 信
ありのまま 
目を閉じて
風を感じよう
息を吸って
歩こう
天気が良いね
ご機嫌だよ
ザワザワ
木が動いてる
一休みすると
気持ちほぐれる
風が
吹いてるよ

以下 このスレッドへのレスです。

Re: そよぐ風 佐野運平 - 2017/06/16(Fri) 18:59 No.100625  


「ひとりじゃない」 まんねんぐさ - 2017/06/10(Sat) 15:00 No.100463   返 信
ひとりじゃないよって
よくいうけれど
ほんとうにそうかな

たしかにひとは
いろんなひとと
かかわりあって
いきているから

けっしてひとりじゃ
いきられないけれど

でもたまには
ひとりをかんじるときが
あるよね

かなしいけれど
それがいきているということ

だけれど
そのひとりを
かみしめて
のりこえてゆけたら

もしかすると
ひとりじゃなくなるかもね

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 「ひとりじゃない」  - 2017/06/11(Sun) 02:34 No.100486  

Re: 「ひとりじゃない」 まんねんぐさ - 2017/06/11(Sun) 09:55 No.100496  

まんねんぐさ さんへ 古明地ことり - 2017/06/13(Tue) 17:01 No.100574  

Re: 「ひとりじゃない」 まんねんぐさ - 2017/06/14(Wed) 16:20 No.100585  


ス−シィ・マンババラン 差羽ナガレ - 2017/06/05(Mon) 19:42 No.100336   返 信
壊れない椅子を作るよ

喜んでくれるかいス−シィ

T型フォードに乗って

あの海を見に行こう

そこに貴方が居る筈の

明日はまだ見えない

掌に隠した月の砂粒が

虹の様に隙間から零れた
















以下 このスレッドへのレスです。

Re: ス−シィ・マンババラン 西朗 - 2017/06/12(Mon) 03:05 No.100518  

Re: 西朗さんへ 差羽ナガレ - 2017/06/13(Tue) 02:38 No.100559  

差羽ナガレさんへ 古明地ことり - 2017/06/13(Tue) 12:11 No.100570  

Re: 古明地ことりさんへ 差羽ナガレ - 2017/06/13(Tue) 23:05 No.100580  


みそ汁 らりゅりょ - 2017/06/11(Sun) 00:27 No.100483   返 信
わたしの詩作ノートのうえで
だれかがみそ汁のんだのだ

おわんの底の
まるい跡

ちいさな
金環月食です

ひらきっぱなしのノートであれば
だれもがみそ汁のむだろう

あつあつの、
ゆげたちのぼる
みそ汁の、
ふちから垂れた
その汁が、
おわんの底を

ひとめぐり

ちいさな
金環月食です

なにが書かれていようとも
なにも書かれていなくとも

そんなことなどお構いなしに
旨いみそ汁のんだのだ

ちいさな
金環月食です

以下 このスレッドへのレスです。

Re: みそ汁 野良人 - 2017/06/11(Sun) 04:44 No.100489  

Re: みそ汁 らな - 2017/06/11(Sun) 07:09 No.100491  

Re: みそ汁 雨森蓮 - 2017/06/11(Sun) 16:35 No.100506  

らりゅよさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/06/12(Mon) 06:37 No.100523   <HOME>

野良人さんへ らりゅりょ - 2017/06/12(Mon) 21:11 No.100548  

らなさんへ らりゅりょ - 2017/06/12(Mon) 21:18 No.100549  

雨森蓮さんへ らりゅりょ - 2017/06/12(Mon) 21:25 No.100551  

芳賀凛さんへ らりゅりょ - 2017/06/12(Mon) 21:33 No.100552  

かみのみぞしる ってギャグが昔あってね・・・ 古明地ことり - 2017/06/12(Mon) 21:34 No.100553  

ことりさん…ギャグ…!!  らりゅりょ - 2017/06/13(Tue) 22:30 No.100577  


絶望 ネン - 2017/06/10(Sat) 21:39 No.100476   返 信



確かな間違いが
幾らでも積み重なる
それが人生だと
いつか諦めてきた

金色の満月
頼る者のない夜道
何かしてもしなくても
笑いが零れる

生きろと言われても
時には死ぬだろう
それまでの猶予に
何を期待するのか

答えなんてない
途絶した暗闇で
それが日常だと
いつか諦めてきた



以下 このスレッドへのレスです。

Re: 絶望 陽炎 - 2017/06/11(Sun) 20:06 No.100507  

Re: 絶望 こま - 2017/06/11(Sun) 20:12 No.100508  

Re: 絶望 西朗 - 2017/06/12(Mon) 01:10 No.100516  

死ねば 言葉を残す 偽りの無い言葉ああ 古明地ことり - 2017/06/13(Tue) 01:22 No.100556  

Re: 絶望 ネン - 2017/06/13(Tue) 21:45 No.100576  


愛の賛歌 らな - 2017/05/28(Sun) 07:08 No.100080   返 信

愛させてくれてありがとう
わたしの周りの人たち全部
愛させてくれてありがとう
今年次々に亡くなった
大切なかわいい猫たち三匹

愛させてくれてありがとう
小さな小さな生まれたてのカマキリさん
すだれに卵をうみつけて毎日観察してたら
小さな小さな赤ちゃんカマキリ生まれたよ
一丁前にカマを構えて獲物待ち

愛させてくれてありがとう
名も知らぬ小さな草花たち
たくさん生まれたてんとう虫の幼虫たち
その黒い姿からあんなまるいおとなになるんだね

愛させてくれてありがとう
空、お日さま、お月さま、風、土、雨
愛させてくれてありがとう
愛を思い起こさせてくれてありがとう
あなたも、あなたも、あなたも、

あったかい思いがあふれるよ
熱い涙があふれるよ
ありがとう
ありがとう
あなたたちがいてくれるから
愛することができる
人たち、小さな命たち、大自然すべて
みな懸命に生きてる姿
愛さずにいられない

不器用にしか生きられないあの子もこの子も
みな愛おしい
愛おしくてしかたない

不器用だからこそよけい
愛おしい

愛させてくれて、あなた方すべてにありがとう
ありがとう
ありがとう







以下 このスレッドへのレスです。

Re: 愛の賛歌 ひろ - 2017/05/28(Sun) 10:49 No.100084  

Re: 愛の賛歌 night owl - 2017/05/28(Sun) 11:06 No.100086  

らなさんらな今日は。 野良人 - 2017/05/28(Sun) 14:37 No.100094  

Re: 愛の賛歌 差羽ナガレ - 2017/05/28(Sun) 19:58 No.100099  

Re: 愛の賛歌 古明地ことり - 2017/05/28(Sun) 20:25 No.100102  

ひろさんへ らな - 2017/05/29(Mon) 20:27 No.100123  

night owlさんへ らな - 2017/05/29(Mon) 20:38 No.100126  

野良人さんへ らな - 2017/05/29(Mon) 21:41 No.100130  

差羽ナガレさんへ らな - 2017/05/29(Mon) 21:52 No.100131  

古明地ことりさんへ らな - 2017/05/29(Mon) 21:56 No.100132  

Re: 愛の賛歌 秋元とみか - 2017/06/13(Tue) 14:06 No.100573  


わたしの目的 らな - 2017/06/02(Fri) 06:38 No.100245   返 信
万物を生み、この宇宙を動かしているものを源と例えば呼ぶ
その源から全ては生まれたならわたしは源の一部分
だからわたしは源であるとも言える

そこで問題
わたしは源の一部だからと言って
源をわかっているだろうか

源を例えば海とすればわたしは海の一部
波の一部、ひとしずくの海水
であることは確かだ
だからと言って海全体を体験してないし
わかってない

そこが問題

海という広さを体験したい
海という全体を体験したい
それが目的

源はまた愛とも呼べる
愛は感情ではなく
全てを生かす創造のエネルギー
生死は循環
生まれてしばらく存えそして死ぬ

宇宙の運行が規則正しく
星々がぶつからないのは
そこに法則があるから

だから源は法則そのものともいえる

この宇宙を動かすエネルギーの一部が自分を動かしている
全てはだから兄弟姉妹

それを実感したい
それが目的

もし実感したなら
もう全てを愛せるだろう

それが目的

 








以下 このスレッドへのレスです。

イエスの場合 追記 らな - 2017/06/02(Fri) 07:09 No.100246  

らなさんお早う御座います。 野良人 - 2017/06/02(Fri) 09:27 No.100248  

Re: わたしの目的 night owl - 2017/06/02(Fri) 11:33 No.100250  

らなさん こんにちは 芳賀凛 - 2017/06/02(Fri) 12:17 No.100252   <HOME>

Re: アイギスの盾=羊革 羊皮紙に書かれた真実 法の盾 古明地ことり - 2017/06/02(Fri) 21:47 No.100255  

野良人さんへ らな - 2017/06/02(Fri) 23:16 No.100259  

night owlさんへ らな - 2017/06/02(Fri) 23:22 No.100260  

芳賀さんへ らな - 2017/06/02(Fri) 23:42 No.100261  

ことりさんへ らな - 2017/06/03(Sat) 00:06 No.100262  

Re: わたしの目的 秋元とみか - 2017/06/13(Tue) 13:59 No.100572  


道へ ふたたび 木立 悟 - 2017/06/11(Sun) 23:51 No.100513   <HOME> 返 信




かじり取られたたましいが
元のかたちを静かにたどり
川辺を覆う枯れ草に
うたうように立ち上がる


涙が涙を流し去り
夜のひとつの山道となり
何処に着くのかわからないまま
遠くだけが明るくつづき


ひと足ひと足に重なる声
窓に触れずに窓を鳴らし
そのまたたきを散らす声
見えぬ行方をなぞる声


目に沈む怒り
底にのたうち
夜に積もる夜
かがやきの蛇


川辺を覆う枯れ草を
虚ろな人の熱狂が過ぎ
雨の生きものの足跡が
片目で闇を視る子を過ぎる


匂いに誘われ
様々なかたちが道に溺れる
声と光を手にしたたましい
あたたかな息の夜を歩む




























以下 このスレッドへのレスです。

Re: 道へ ふたたび 古明地ことり - 2017/06/13(Tue) 12:49 No.100571  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -