詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

懐かしい、あの闇へ 夏樹 えま - 2017/03/05(Sun) 00:44 No.97239   返 信
13700000000
深い闇が生まれる
虚しく   清らかで    少しだけ濡れた黒
そこにあるのは  何か

460000000 
静かな瑠璃色が生まれる
濃厚で   沈みゆきそうな   そろそろ湿っぽい青
そこにあるのは新緑と   何か

3800000000
激しく   動きだす   その中心のそれは何色であろうか
動く   動きだす   きみを
どう呼んだならいい
そこにあるのは何だ   動きだしたそれに   何があるのか



瑠璃色の静寂は音を立て始める
新緑が変わる、変化する
そこにあるのは何か、と問う
あなたは何と答えるのだろうか





努力をしない自分など認められぬ
タスクを埋めていなければ   私の心は空白のまま
こんな私を   みんなは何と呼ぶのだろうか   社会の豚、だろうか
ああ   私は宇宙から出来ている
「私」という意識も   この苦しみも   悲しみも
全てがあの深い闇から生まれた
闇が生んだ偶然の   有機物の一つ   物質によってできた「私」が
もう一度   懐かしいあの頃のように   闇に溶けてしまえばいい
 
無になってしまえばいい



以下 このスレッドへのレスです。

Re: 懐かしい、あの闇へ ga-luck - 2017/03/06(Mon) 19:49 No.97327   <HOME>

Re: 懐かしい、あの闇へ マーブル - 2017/03/13(Mon) 11:06 No.97601  

Re: 懐かしい、あの闇へ あかいみあか - 2017/03/15(Wed) 09:48 No.97676  


拭えないハンカチ 芳賀凛 - 2017/03/02(Thu) 15:41 No.97158   <HOME> 返 信



あなたが
初めて私に話した言葉は
ハンカチへの褒め言葉だった
何の変哲もない
木綿のハンカチは
男物のハンカチなのに
渋いという表現で
上手く誤魔化されていた私

苦手な賑わいをそれなりにやり過ごし
いつものように通るきつい坂道
願いをひとつひとつ言葉にして
噛みしめるように歩いた上り坂
遠くに見え隠れしているのに
すぐに消えるあなたの笑顔
ときめきと不安が
たがいに衝突しては
赤い火花を散らし
ほとぼりが冷めるまでの間
懐かしいブランコにすわって
じっと答えを待ちわびた夕暮れ

自分の心を占拠していた野望
決意は怯むことなく
ロマンスを食い尽くし
熱していたアスファルトは
既に冷たくなっていた

別れ際になると
無駄な言葉を飾り立て
最終ページは
破り捨ててしまうあなたに
夕陽を背にした私の姿は
どんなに逞しく見えたことだろう

ひと気のまばらな
最終列車に乗り込み
ハンカチをギュッと握った
今にもこぼれ落ちそうな涙は
このハンカチでは
きっと拭えない










以下 このスレッドへのレスです。

Re: 拭えないハンカチ ラッシュ - 2017/03/03(Fri) 21:25 No.97187  

ラッシュさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/03/06(Mon) 04:29 No.97305   <HOME>

Re: 拭えないハンカチ マーブル - 2017/03/13(Mon) 10:47 No.97598  

マーブルさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/03/15(Wed) 06:38 No.97666   <HOME>


 芳賀凛 - 2017/03/09(Thu) 18:20 No.97432   <HOME> 返 信





「淡いクリーム色が似合うね」
そう言われた時
その色が本当に私に似合うのだと
確信していた

駆け出しのオープンカフェの
解放感が好きだと言ったから
待ち合わせはいつも
ここだと思っていたのに
突然の雨に濡れてゆくパラソルが
何を暗示していたのかなど
気が付きもしなかった

それは
ずうっと昔の
まだ淡いクリーム色に
拘っていた頃のこと

色とりどり咲く花は
自分の色を知っているだろうか
濃緑の草木は
濃すぎるからといって
何か意図的に
薄められたりするだろうか
七色の虹は
色を指定されて
それぞれが違う発色をするのだろうか
そんな疑問を
少しずつ持ち始めてから
自分が思う
自由自在の色が見えた

毎日変わる街の風貌が
私に時の経過を促がしてくる
あのクリーム色も
いつしか様々な色に塗り替えられ
長い長い
ネガフィルムの帯には
ひとつとして同じ色はなかった

晴天で始まった今日
空という空が
あるがままの色で
自由に広がっている












以下 このスレッドへのレスです。

Re: 色 ga-luck - 2017/03/09(Thu) 18:45 No.97434   <HOME>

Re: 色 ラッシュ - 2017/03/09(Thu) 20:15 No.97440  

Re: 色 西朗 - 2017/03/09(Thu) 23:19 No.97452  

Re: 色 差羽ナガレ - 2017/03/09(Thu) 23:43 No.97454  

ga-luckさん こんにちは 芳賀凛 - 2017/03/10(Fri) 15:20 No.97472   <HOME>

ラッシユさん こんにちは 芳賀凛 - 2017/03/10(Fri) 15:24 No.97473   <HOME>

西朗さん こんにちは 芳賀凛 - 2017/03/10(Fri) 15:34 No.97474   <HOME>

差羽さん こんにちは 芳賀凛 - 2017/03/10(Fri) 15:39 No.97475   <HOME>

Re: 色 桜川 - 2017/03/11(Sat) 01:18 No.97492  

桜川さん おはようございます 芳賀凛 - 2017/03/15(Wed) 06:34 No.97665   <HOME>


悲劇 生きてます 小粒の連なり - 2017/02/22(Wed) 23:01 No.96874   返 信

クジラの伸ばした舌の上で
長いものには巻かれろというままに
ひたすらに忍ぶ平和の上で
古風な悲劇 生きてます

どうか僕を嗤うならば
其処の明かりをまず消してくれ
見えないものまで見るまでして
お前は仇をとるだろうか?

雄弁なガラス窓の煩瑣な森で
落ち着かぬ夜を眠るころ
大 小 冷えびえの 三日月の連なりが
チクリチクリと 刺さります

わたしは早く アタマの端子を
早く ヌキタイデス 早く

繋げないでください 当て嵌めないでください
調べないでください 挙げないでください
写さないでください 残さないでください
薦めないでください 伝えないでください

早く ヌキタイです 早く!

止まらぬファクスの紙に呑まれて
座り込む少女が夢むころ

ひたすらに忍ぶ平和の上で
古風な悲劇 生きてます
古風な悲劇 生きてます

悲劇 生きてます

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 悲劇 生きてます 木立 悟 - 2017/03/04(Sat) 23:09 No.97230   <HOME>

Re: 悲劇 生きてます 西朗 - 2017/03/05(Sun) 19:40 No.97281  

Re: 木立 悟さんへ 小粒の連なり - 2017/03/14(Tue) 23:04 No.97654  

Re: 西朗さんへ 小粒の連なり - 2017/03/14(Tue) 23:30 No.97655  


氷葬 差羽ナガレ - 2017/02/27(Mon) 22:37 No.97069   返 信
氷の棺で永眠する骸

季節が幾度変われど

安らぎは廻り続ける

蝶と戯れながら貴方は

偽りの幸せと知りつつ

箱庭を手放せず俯く

泡沫の夢に淡く沈んで

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 氷葬 マーブル - 2017/03/13(Mon) 10:35 No.97596  

Re:マーブルさんへ 差羽ナガレ - 2017/03/14(Tue) 22:27 No.97651  


ホワイトロリ−タ 差羽ナガレ - 2017/03/12(Sun) 23:43 No.97587   返 信
目隠しされた日々を

また生き直せないか

ロリ−タその若さは

淡いまやかしに似た声

人は弱く儚いから

純粋な嘘を探り

縋る物が藁でもいい

ロリ−タこの場所は

永久ではなく脆い罠さ

巧く騙し通せれたなら

白く染まる全てが美しい

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ホワイトロリ−タ 西朗 - 2017/03/14(Tue) 00:26 No.97621  

Re: ホワイトロリ−タ 西朗 - 2017/03/14(Tue) 00:29 No.97622  

Re: 西朗さんへ 差羽ナガレ - 2017/03/14(Tue) 22:06 No.97648  


超達人 YAMMY - 2017/03/14(Tue) 21:57 No.97647   返 信
男は自分の目で確かめたかった

この世界が何によって作られているのかを

何がこの世界を創造したのか、と言う事を


神は存在するのか、と言う事を



神よ。


ハリーも、

ミレーユも、

ケインも、

リッツも、

タツトも、

ロジャーも、


みんな死んだ


みんな貴方の所にいってしまった



今度は

俺が貴方に会いに行く



どんなに貴方が拒んでも

例え「許されない行為」であろうとも

俺は貴方の元へ向かう


どうか「貴方の存在」を確認させてくれ




そして男は「超達人」となる


駅の中で 西朗 - 2017/03/11(Sat) 20:05 No.97524   返 信


貴方はひとつの脚だけで
大きな山を当たり前のように
まるで風に揺れることのない
大きなサボテンのように

”ほとんど総てを私は産みだしている”
そのように満ち足りた顔をしながら
駅までゆっくり歩いていった

悠然と
その顔は朝日に濡れて
嬉しそうに輝いていた

僕は貴方を見て
近いけれどこれはまだ遠いなぁ、
と想ったものだ
僕は潰れかけた星の中で
さりげない”うれしさ”
これをもっと多くあの頃に云えたなら良かったなぁ....


ほとんど隙間のないような
人の群れで騒がしい
若干淀んだガスの音楽を
どうも貴方は好いていなかったので

貴方は
あの日
様々な顔の中に詩を捜すように
熱心に人々を見つめ続けていた
駅の中で




















以下 このスレッドへのレスです。

Re: 駅の中で まんねんぐさ - 2017/03/12(Sun) 10:28 No.97552  

Re: 駅の中で かものはし - 2017/03/12(Sun) 16:37 No.97567  

Re: 駅の中で 西朗 - 2017/03/12(Sun) 20:26 No.97576  

Re: 駅の中で 西朗 - 2017/03/12(Sun) 20:43 No.97579  

Re: 駅の中で 木立 悟 - 2017/03/14(Tue) 15:13 No.97632   <HOME>

Re: 駅の中で 西朗 - 2017/03/14(Tue) 20:50 No.97642  

Re: 駅の中で 初心者 - 2017/03/14(Tue) 21:26 No.97645  

Re: 駅の中で 西朗 - 2017/03/15(Wed) 02:14 No.97661  


春隠し 初心者 - 2017/03/10(Fri) 21:36 No.97486   返 信

春を出せと
包丁を振りかざしたところで

ただ静かな時が流れて
吐息が漏れてしまうほどです

出て来いと叫んでも出ません
声は吸い込まれていきます

よそよそしい振りをしているのは
はち切れそうなのを耐えているのです

無理に突っつくと
どうなるか

春はあなたを襲うでしょう
外に押し返されたあなたは

途端にみすぼらしくなるのです




以下 このスレッドへのレスです。

初心者さんお早う御座います。 野良人 - 2017/03/11(Sat) 13:02 No.97508  

Re: 野良人さん、こんばんは。 初心者 - 2017/03/11(Sat) 20:22 No.97525  

Re: 春隠し ネン - 2017/03/12(Sun) 22:49 No.97584  

Re: ネンさん、こんばんは。 初心者 - 2017/03/13(Mon) 21:53 No.97613  

Re: 春隠し ヤエ - 2017/03/13(Mon) 22:15 No.97615  

Re: ヤエさん、ありがとうございます。 初心者 - 2017/03/14(Tue) 20:52 No.97643  


微炭酸 かものはし - 2017/03/12(Sun) 16:54 No.97569   返 信


教科書に落書きをして
教室の窓から見える空は
なんであんなに広くて自由なんだろう?

本の中で彼は言った
「明日のことで思い悩むな
 神は鳥を養ってくれるように
 あなたに必要なものを与えてくださる」

その言葉を生きられたら
未来っていう暗礁地帯に
帆をいっぱいに広げられるのかな?

毒まじりの視線を投げかける
目の前の教師
とりあえず一発殴られて
席に座り直す

反抗心でこうなわけじゃない
ただ微炭酸な日々に
頭が飽和しているだけ

でも、致死量寸前の刺激も求めない
臆病な傍観者

ジェットコースターの速さも
観覧車の高さも
メリーゴーランドの回転も
そういうまやかしの楽しさはいらない

手応えがほしい
生きてるっていう

等価のないものがほしい
欲張りだから
最高の価値がほしい

手持ちの地図に
知っている大人に
目的地が見つけられなくても

いくつかの言葉が
胸の奥で灯っている

でも、出口のない衝動に
焦がされるのは
もう十分かな


以下 このスレッドへのレスです。

Re: 微炭酸 とむ - 2017/03/12(Sun) 19:19 No.97572  

Re: 微炭酸 とむ - 2017/03/12(Sun) 23:25 No.97586  

Re: 微炭酸 あかいみあか - 2017/03/13(Mon) 07:24 No.97592  

Re: 微炭酸 らな - 2017/03/13(Mon) 22:09 No.97614   <HOME>

Re: 微炭酸 西朗 - 2017/03/13(Mon) 23:21 No.97619  

Re: 微炭酸 かものはし - 2017/03/14(Tue) 17:37 No.97634  

Re: 微炭酸 かものはし - 2017/03/14(Tue) 17:50 No.97635  

Re: 微炭酸 かものはし - 2017/03/14(Tue) 18:09 No.97636  

Re: 微炭酸 かものはし - 2017/03/14(Tue) 18:29 No.97638  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -