詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

星の名前 ネン - 2017/11/30(Thu) 21:05 No.103544   返 信



過ぎ去ったものが
歌うのを許される歌
失くした悲しみを負い
水際に伏す昨日の残骸

真っ直ぐに前を向き
進むべき道を確かめ
満ち足りた時には
誰も振り返らない

起きたことも知らぬ
小さな子供の目で
生きていることの是非を
あなたは問い掛ける

別れてしまえば
思い出は薄れゆく
しがみついた名が
億千万の輝きに残る




以下 このスレッドへのレスです。

Re: 星の名前 匿名 - 2017/11/30(Thu) 22:44 No.103546  

Re: 星の名前 西朗 - 2017/12/01(Fri) 18:24 No.103562  

Re: 星の名前 ネン - 2017/12/03(Sun) 17:53 No.103595  


猫ごたつ  犬吉 - 2017/12/03(Sun) 15:35 No.103593   返 信

あの時あの踏切でキルトの手提げをぶんどってごめんなさい。
あの赤い唇が欲しかったけど
今日は微妙だったの
だから考えて過ごしたいの
辛気臭くため息に溺れながら

もうここに雨はないし
私はきっと変わらないのね
「水信じてんねん」

スニーカーに履き替えて
ニットを被って
 
❤💕❤💕❤💕❤💕❤💕❤❤💕❤💕


(*´ー`*)
   


分かった ラレア - 2017/12/02(Sat) 12:23 No.103576   <HOME> 返 信
分かった。ペットセメタリー、家族で通らなければならない。『大地の子』、公文、くもんに通らなければならない。JOJOの壁、JOJOに通らなければならない。化身の歩く時代、通らなければならない。超次元の100年ちがう。無限の宇宙100年の神秘、通らなければならない。果てから果てまで前から後までJOJOの続くまで、服従する。高松のマイナス。いらん所をのけて、かせぐ。学校の現実、いらん所をなくす。あわない人たち、いらん所をなくす。マイナスが大きい。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 分かった GROWW - 2017/12/02(Sat) 22:52 No.103582  

Re: 分かった 犬吉 - 2017/12/03(Sun) 15:17 No.103592  

Re: 分かった 佐野運平 - 2017/12/03(Sun) 22:07 No.103602  


波応響軌 木立 悟 - 2017/11/10(Fri) 09:01 No.103162   <HOME> 返 信





水でも風でもあるものの声
川の流れの先へと映り
海鳥の狩りに溶けこんでゆく


夕暮れも鉄もざわめいている
うすくのびた
草と道の汗
姿のない揺れと声


野の錆が鳴り
曇を照らす
雨は遠い
霧は音になり
山を下る


遅い光がまたたいている
石を緑に変えながら
音の堕ち方を真似ている


山を吸い 森を吐き
坂に並ぶ鈍色の列
全ての方位へ
放たれるうた


鏡の風の名を問わない
片方の鉛で死にはしない
舌に触れるたび羽となる
裁きの記録 飛び去る記録


名も無い緑をうすめた色を
おまえたちはただ緑と呼ぶ
散逸はこども
優しいこども


こんなにも音は覆われていた
こんなにも音は囚われていた
浪と岩とに砕けたあとで
石ははだかの音に触れる
そのままを静かに抱き寄せる

















以下 このスレッドへのレスです。

Re: 波応響軌 佐野運平 - 2017/11/10(Fri) 14:34 No.103164  

Re: 波応響軌 西朗 - 2017/11/10(Fri) 23:22 No.103180  

Re: 波応響軌 ネン - 2017/11/11(Sat) 18:39 No.103201  

Re: 波応響軌 木立 悟 - 2017/12/03(Sun) 13:04 No.103591   <HOME>


吐露 糸 ふみ - 2017/12/03(Sun) 09:25 No.103589   返 信

朝起きて思うこと

LINE来てないかな・・・

こんな思考から一日が始まる


それはどうしてだと思う?


誰かに私を必要としてほしいから

わたしの心を抱きしめてほしい

体をそっと包んでほしい

寂しさに欲しいが比例する

ともだちが恋愛をしている姿を見てると

よかったね、という気持ちの裏に

羨ましいな

ぽつりと胸に落ちる

わたしはその黒い雫を見ようとしない

見ると自分が真っ黒になってしまう

タールよりもどろどろとした

真っ黒なものになってしまう


Sound of pop GROWW - 2017/12/02(Sat) 22:54 No.103583   返 信
公民館、そこではなにかが起きている。いや、街灯もなく、道路の大半はまだ舗装されないままの、十字路に信号もないこの地域では、そこでしか物事は起こらない、と言ってもいいかもしれない。とにかくこの地域は退屈すぎるのである。

**********************

ロマンスグレー、それはふつう紳士の頭髪を形容するときに使われる単語であるが、彼女は大叔父の所有する車の色をそう表現した。それは重大な過失というわけでもないが、僕はそれを聞いてふふ、と気持ちの悪い笑いを、抑えることができずにいた。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: Sound of pop 佐野運平 - 2017/12/03(Sun) 16:06 No.103594  


時代「またお前か」 カタコトでガタゴト - 2017/12/01(Fri) 01:43 No.103554   返 信


      平成8000年の時を越え
      光より速き ほの暗き憂鬱
     自殺文学! 自殺文学! 自殺文学!

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 時代「またお前か」 佐野運平 - 2017/12/01(Fri) 17:19 No.103561  

Re: 時代「またお前か」 俵むすび - 2017/12/02(Sat) 06:58 No.103571  

Re: 時代「またお前か」 GROWW - 2017/12/02(Sat) 22:36 No.103581  


恋だけはブラックコーヒー あゆみみみ - 2017/12/01(Fri) 00:14 No.103549   返 信
話したいって思うのに

あなたの話を聞くだけで

あなたの話をなぞるだけで

出て来たばかりのグラスもすぐに空になる

私の話もしたいけど何かを話して喜ぶかしら

楽しそうな相槌を打ちたいけど

あなたの仕草に奪われて

時計の目線が気になるわ

外へ出ようかと椅子は鈍く鳴る

外は少しだけ寒くて、貸してくれた

ブランケットだけが暖かい

冬の朝のようにこのブランケットから出たくない

刹那はやがて夢を奪い

ブランケットを置いてドアを閉める

あなたの助手席にはもう乗れないと

腹に落ちたすこし寒いの夜

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 恋だけはブラックコーヒー カタコトでガタゴト - 2017/12/01(Fri) 01:37 No.103552  

Re: 恋だけはブラックコーヒー まんねんぐさ - 2017/12/01(Fri) 14:53 No.103557  

Re: 恋だけはブラックコーヒー  - 2017/12/01(Fri) 18:49 No.103563  

Re: 恋だけはブラックコーヒー 節目 - 2017/12/02(Sat) 10:49 No.103574  

Re: 恋だけはブラックコーヒー 佐野運平 - 2017/12/03(Sun) 00:20 No.103586  


人格、開口 佐川 - 2017/11/29(Wed) 01:23 No.103515   返 信
教室の喧騒に妙に苛立つんだ
どうもみんなみたいに人生をうまく進める術を知らないみたいだ
人格はあったはずだが、道化に磨耗して消滅しちまった
はらわたは燻り続けた本音の山 日の目を見ることは知らない

「諦めた」って自棄になるのは赤子の手をひねるほどに容易い
道化師として自分を殺すのも同じように容易い
だけど一つ忘れてはいけないことがある
諦めるに至るまでの苦悩や、日の目を見ることのない本音は決して死んだわけじゃない
それらは人混みに紛れて身を隠すだろうが、いつだってそこにいる
それを忘れないでほしい

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 人格、開口 西朗 - 2017/11/30(Thu) 19:43 No.103541  

Re: 人格、開口 佐川 - 2017/12/01(Fri) 01:32 No.103550  

Re: 人格、開口 カタコトでガタゴト - 2017/12/01(Fri) 01:41 No.103553  

Re: 人格、開口 佐川 - 2017/12/01(Fri) 22:13 No.103568  


ダイヤモンドの輝きの中で 俵むすび - 2017/11/28(Tue) 10:56 No.103507   返 信
俺は人間粗大ゴミ
毎日毎日動かない
俺の部屋にはゴミしかない
俺はゴミ山製造機
悲しくなんかないけれど
カップヌードルがそろそろ尽きる
お金も尽きる、買えなくなる
今日もゴミ屋敷の、異様な臭いが、顰蹙だけを買っている
俺は人間、燃えるゴミ
いいや、人間じゃないだろう
人間は、ゴミじゃないだろう
俺は、人間じゃなかった

ゴミの心、スッとなる
軽くて、思わず飛べそうだ
月曜日、今日は燃えるゴミの日
お迎えに来た、ゴミ収集車
捨てられた、いらないものは
グチャグチャになって、消えてゆく
しかしその中に、俺はまだ居ない
いつもベランダから見える、その光景は
落下しようとする身体を、落下させない
重力も、リンゴも、運命も、爆弾も、そして俺も
空へと向かう燃料となって
宇宙に広がる、無数の、スペースデブリに変えてしまう

朝焼けだろうか、夕焼けだろうか
カーテンの隙間から見える空
誰も教えてくれないし、空に言葉は話せない
俺の心をつんざくアラーム音が、今が朝だと教えた気がする
---そうじゃない気もする
光りが差し込む、いつも半開きのカーテン
誰も覗いちゃくれないけれど、毎日毎日昇るものがあるはずだ
南東向きの窓を眺める
今こそ、確かめたい
あの空は、朝だろうか
---太陽が眩しければ、そうだろう
あの空は、夕方だろうか
---それなら隣町の、西向きの住宅団地が、オレンジ色に反射しているだろう
そして、窓を50cm開けてみる

---風が吹く、俺の身体を強く抱きしめる
殺風景な灰色のベランダへ、風は俺を誘う
---息を止めて目を瞑り
俺は、重たい心を引きちぎり、仄暗い部屋から体を乗り出した
乗り出して、宇宙の隅々まで、眼前に無数の星を広げて、見渡した

---世界が動いている、動いている
空虚なままだった僕の宇宙が、いつかのビックバンでできた世界が
酸素を命に注ぎ込み、可視光線は七色に輝き
透明なダイヤモンドとなっていた

---こんなに世界は澄んでいたのだろうか
風は、何も話す事なく
空は、何も話す事なく
光は、何も話す事なく
そこにただ存在していて
その事が今の俺の全てを否定した

---今日も、ゴミ収集車がやってきた
今日という1日の始まりは、今日も誰かの1日の終わりなのだ
今日もいらないものが、グチャグチャになっている
そして、新しい何かが、生まれようとしている
ダイヤモンドの輝きの中で

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ダイヤモンドの輝きの中で 全ては輪廻の中 - 2017/11/29(Wed) 15:06 No.103521  

Re: ダイヤモンドの輝きの中で カタコトでガタゴト - 2017/12/01(Fri) 01:34 No.103551  

Re: ダイヤモンドの輝きの中で 俵むすび - 2017/12/01(Fri) 19:02 No.103565  

Re: ダイヤモンドの輝きの中で 俵むすび - 2017/12/01(Fri) 19:13 No.103566  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -