詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

慶応どころか大学どこも行ってない柴田洋太郎陽平よ 柴田洋太郎陽平よ - 2017/08/03(Thu) 06:10 No.101710   返 信
詐欺人生やめろ犯罪ぞ刑務所に


怪盗モルガナ 差羽ナガレ - 2017/07/30(Sun) 20:01 No.101649   返 信
月の裏側に咲く花を

盗みに行くモルガナ

誰にも出来なくとも

不可能すら組み替える

散り醒めるその前に

貴方にだけ届けよう

狂った風が吹く街で



以下 このスレッドへのレスです。

差羽さん こんばんは 芳賀凛 - 2017/08/02(Wed) 18:15 No.101697   <HOME>

Re: 芳賀凛さんへ 差羽ナガレ - 2017/08/03(Thu) 01:47 No.101708  


実行者 万人にとっての余所者 - 2017/07/25(Tue) 08:06 No.101560   返 信

或るコンビニの店長の奥さんが、
無理なシフトに対する不満を洩らした、
一人の学生に言った。

「何を言ってるの、
今はつらいと思っていても、
そこから逃げちゃ駄目よ、
逃げたら‘’ウツ‘’になる。
逃げた人は‘’ウツ‘’になるのよ」

数年後、店の近辺に
新規オープンしたスーパーに押され気味だった
お店と、
婿入りした実家を尻目に、
店長は、故郷の父親の病気の世話をするとして、
青森へと、しばらく帰っていった。

店の奥の事務机で、店長の奥さんは、
自社製品である、ゴマの入ったパッケージを開けて、
紙の小皿になみなみと注がれた黒ゴマを、
プラスチックのスプーンで、
そのまま掬って食べている。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 実行者 ネン - 2017/07/26(Wed) 22:34 No.101579  

Re: ネンさんへ 万人にとっての余所者 - 2017/08/02(Wed) 23:35 No.101706   <HOME>


game 詩人 - 2017/07/05(Wed) 00:04 No.101160   返 信
イカレ頭に効く薬
君にもできる合法ドラッグ
感情さえも打ち消して
気付けばメーカーのATM
2度と終わらぬ猿のオナニー

以下 このスレッドへのレスです。

Re: game 万人にとっての余所者 - 2017/08/02(Wed) 23:26 No.101704  


水へ 言葉へ 木立 悟 - 2017/08/02(Wed) 21:58 No.101701   <HOME> 返 信





ずっと点いたままの灯りがひとつ
あふれる灯りのなかにあり
朝が来て夜が来て昼が来て気付かれ
そっとそっと消されてゆく


光が光に描く色を
光は持っていてはくれないらしい
水没した街を飛ぶ自転車
白い金属の線をたなびかせて


風に親しいものの群れが
風の近くをすぎてゆく
手わたされるたびやわらかくなる
常に同じでいられぬものたち


水の音 鈴の音
止まぬ音の方へ
拾った片目をあてはめて
水の多い夜を見つめる


涙は歩む
光を歩む
熱さに消え まばゆさに生まれ
涙は光を 光を歩む


白と黒の薔薇
雨あがりの曲がり角を埋め
戸惑う猫のかたわらに
標を燃した灰をそそぐ


世界が忌むべき言葉に満ちて
荒んだ明るさに照らされても
蝶は鬼の手を取って
雪をひとつ 野に置いてゆく



















以下 このスレッドへのレスです。

Re: 水へ 言葉へ ネン - 2017/08/02(Wed) 22:34 No.101702  


住めなくなった部屋 ヨーグルト - 2017/08/02(Wed) 21:43 No.101699   返 信
「関わらない、というまだ頼りない心臓」


生きることに懸命で

夜見る夢の中の小さな辛いことなど忘れた


青=うそ
赤=タイヤ

と書かれてる

裏切られたような

どうしようもない苦味

こういうとこ、私にもあるだろうという

延々と続くおどし

強く殴り、ときめきをもつひとたち

それが誰かなんてどうでも良いんだ

彼ら恐れすら消え、その時覚えた蜜を一生追い掛け続けた


これら全てドラマチックな訴訟だった

見上げた空しさが

ため息をつくほど美しく

わりと平気なもんだ




脳内物質の

その諸々をすべて聞く意思がある

怒りではなく、責任だ




くじら ネン - 2017/07/26(Wed) 22:37 No.101580   返 信



魚のいない海を
一頭の鯨が泳ぐ
明日を信じられなかった
迷子の鯨が泡を吐く

正しい道を歩んだと
誰かに認められたい
一つでも何かは出来て
救いはそこにあったと

眠った所で
何も解決しないから
眠らないことを選んだ
奇怪なけだものの影

何処にも属せない為に
束にされてしまった
名前のない子どもが
聖者に石を投げつけている



以下 このスレッドへのレスです。

Re: くじら 木立 悟 - 2017/07/30(Sun) 21:28 No.101652   <HOME>

Re: くじら ネン - 2017/08/02(Wed) 15:53 No.101695  


僕は僕がわかってくる 亀吉 - 2017/08/02(Wed) 15:46 No.101694   返 信
自分がもし鍛え抜かれているのなら

それだけ触れられないものがあって

辛い分浄土というのはあって

全く知恵の輪のようである

綺麗な方に進むのも、汚い方に進むのも一緒で

全く見えない、感じることも出来ない

人の気持ち、これを先にしても順番か


蹴ったおして、蹴ったおした

後の無は、笑う、可笑しい

同じく創造を抱く人を本当に認めるのは相難し

その時

私は俳句よりも、何か小さな愛想が言いたい


型があるのは、お母さんの教えだから

近いほどいがみ合う

遠くを走り回って達成したい

時の狭間で愛する事を覚える時

考えるようになったのは願われたから

断りを入れる時点で、自分の正しさがしこって邪魔になる

商品の良さを知ってなければ

こういうふうに「理解」という方法に持つ時点で、聖人と言われるものとは違って


支えられた時、”支えられる”ことの出来る私にならなければ

相反して人の正しいのは嫌やと思ってる

かといってちょっと我慢した利得というのがわかったりする

嫌や嫌やといいながら、

白い波に削られたい


冒頭から、ランナーズハイという言葉が思い出され

肉体の青々しさはなかなか感じれるものではないので

ぼんやり考える


感じるために耐えるばかりでなく

断る所で断れなかったりする

自分の納得というものは確かに心の中にある

あるいは奥底に


きっと「そう」あるとしても

「それ」と言うのではなく

今というのは一瞬で

「それ」を信じるというか

信じるとはやはり自分で歩くことなんだろう

自分が行くことなんだろう

「行路難 行路難」

李白

読み方は勘違いで良かったりする

本当の見解だとか、そんなもんはインドに行けばいい

本気でそれにすがるなら、インドに行けばいい


欲が通る


自分は静清としている


欲は汚いのだろうか?

毎日問いかける

それを持てない筋力のだらしなさ

自戒し得ない心の細さ

話しかけるものか

娘は思った


未だ知らない入道雲が頭の上に広がるのを

損か、得か、話し合う


良いと良いと思っていたら 別の方に行く道があったりする

私の毎日は変わるものだ

追いかけないでいれるかな

我我しいかったことも変わりなくて

こんな自分を自分は受け入れ

楽しくできるかな

声を張り上げ





















心外科 路地裏 DL-L - 2017/08/02(Wed) 15:04 No.101693   返 信
さて 本日最初のクランケは 終わった愛を忘れられない女性

苦しいね 自分で自分の心を縛り続けているんだね 
大丈夫 絡まっているだけなら簡単に解けるからね
絡まりが解けたら 綺麗な心が見えるからね

辛いよね そのうち執着が嫉妬や憎悪になるんだよね
痛いよね 嫉妬や憎悪は心に癒着してしまうからね
絡まりが癒着したら 心を削ることになるからね

手術はおしまい お疲れさま
もう来ちゃだめだよ でも心が絡んだらまたおいで

本日二人目のクランケは 裏切りから心を閉ざした男性

怖いよね 他人を信じるだけという簡単な言葉がね
怖いよね だから心に何重もの殻を作ったんだよね
傷が見えないよう 綺麗な心を守るためにね

暗いよね その殻の破り方を忘れてしまったんだよね
大丈夫 最後の殻を一枚だけ残しておくからね
破るべき時に 自分でそれを破れるようにね

手術はおしまい お疲れさま
もう来ちゃだめだよ でも次は自分の足でまたおいで

本日三人目のクランケは 悲惨な戦争を起こした独裁者

知ってるよ あなたは最初から正解を知らなかったんだよね
悲しいね 自分が正しくないってことには気付いていたんだね
自分が正しいと 思わないと許されなかったね

大丈夫 変形して変色した心でも芯の形は一緒だよ
痛むかな? それだけ歪められてしまったのが悲しいね
痛みがわかるなら そこだけは正しい心なんだよ

手術はおしまい お疲れさま
彼はもう来れまいね きっと自分の罪に潰されるだろうね

心の手術は成功しているからね
術後に自分の心とどう向き合うか そこまでは知らないね

恋に傷付いた女性も 裏切りに絶望した男性も
多くを殺傷した犯罪者も 私は執刀を拒否しない
クランケに心がある限り 私は執刀を拒否しない

私が執刀できないのは
他人の喜びだけを祝福し 他人の嘆きだけに共感する者
私が執刀できないのは
他人を導くことだけを理念とし 他人を赦すことだけを美徳とする者

私が執刀できないのは 自らの心を持たぬ者

さて そのような者を 何と呼ぶか知っているかい?


道へ ふたたび 木立 悟 - 2017/06/11(Sun) 23:51 No.100513   <HOME> 返 信




かじり取られたたましいが
元のかたちを静かにたどり
川辺を覆う枯れ草に
うたうように立ち上がる


涙が涙を流し去り
夜のひとつの山道となり
何処に着くのかわからないまま
遠くだけが明るくつづき


ひと足ひと足に重なる声
窓に触れずに窓を鳴らし
そのまたたきを散らす声
見えぬ行方をなぞる声


目に沈む怒り
底にのたうち
夜に積もる夜
かがやきの蛇


川辺を覆う枯れ草を
虚ろな人の熱狂が過ぎ
雨の生きものの足跡が
片目で闇を視る子を過ぎる


匂いに誘われ
様々なかたちが道に溺れる
声と光を手にしたたましい
あたたかな息の夜を歩む




























以下 このスレッドへのレスです。

Re: 道へ ふたたび 古明地ことり - 2017/06/13(Tue) 12:49 No.100571  

Re: 道へ ふたたび 木立 悟 - 2017/07/03(Mon) 09:23 No.101116   <HOME>

Re: 道へ ふたたび シニス - 2017/07/11(Tue) 14:56 No.101307  

Re: 道へ ふたたび 木立 悟 - 2017/08/02(Wed) 07:26 No.101692   <HOME>

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -