詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

chilly TAKE - 2017/08/04(Fri) 09:46 No.101730   返 信
彼氏はいらないでも結婚はしたい
将来のために絶対
矛盾してるなんてそんなの知らない
全然問題ないわ

そもそも恋人って何なのよ
そんな練習いらないわ
大人になったら告白なんて
甘酸っぱいものもいらないわ

冷たいなんて言わないで
ただ単に現実主義なだけ
いつまでも子供じゃないから
最短距離で幸せ掴むの

昨夜のパーティーで出会った彼と
何となくいい感じだわ
年収高いし顔もそこそこだし
性格も優しい

でもいざベッドに入ってみたら
なんか違う相性悪い
残念だけどここまでね
さっさと次へ進みましょう

メッセージをブロックして
写真のデータも消して
冷たいなんて言わないで
時間を無駄にしたくないの

I'm a chilly girl?
I don't think so

I'm a chilly girl?
I don't think so


ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/07/23(Sun) 18:53 No.101531   返 信
狂ってしまいそうなくらい暑い日だった
私はカラカラに乾いた喉を潤すためにコーラを買い
そこでしばらく座り込んで街並を見つめていた


強い陽射しにいまにも溶けてしまいそうなアスファルトの照り返しがきつい
目の前をケイタイでなにやら話をしながら通り過ぎる40前後のサラリーマン
額の汗を拭いながら今日もあくせく働いている
大きな荷物を抱え 腰を曲げながら歩くおばあさんの横を通り過ぎる自転車の青年
夏休み前なのか 帰りの早い女学生たちの笑い声
悲しみがすっぽりとなくなってしまったかのような風景
なにかを包み隠すような平和的空間がそこにはあった


私はふと思う
たとえばいま けたたましいサイレンを鳴らしながら
一台の救急車が通り過ぎたとして
それに気をとめる人が一体何人いるというのだろう


目の前で人が死んだとしても
きっと世界はなにも変わらない


そんなことよりも
早くこんなクソ暑い場所から逃れて
クーラーの効いた涼しい場所に行きたい


誰だってそう
私だって


          今日もどこかで誰かが刺されたってさ
          通り魔の犯行ですって
          へえ、怖いわねえ

          2歳幼女父親に殴られて死亡
          虐待ですって
          まあ、信じられない

          いじめで中2男子 自宅マンションから飛び降り自殺
          担任も気がついていたらしいわよ
          そりゃあ、ひどいわねえ



かわいそうに
かわいそうに
かわいそうに?



そのことばは誰のため
そのことばは誰のため



ニュースに流れることはテレビの中の出来事
どこか遠い世界の出来事


それよりも


私の大切なあの人が殺されなければいい
私の大切なあの人が傷つかなければいい
私の大切なあの人が病まなければそれでいい


そう
そうなんだ


誰だってそう
私だって


まるで林檎でも切るように
まるであきたおもちゃを捨てるように
まるで木の葉が枝から落ちるように


人知れず命が消えてゆく


その命は誰かにとっての「大切なあの人」ではなかったか
その命は誰かにとっての「かけがえのないあの人」ではなかったか



そこには沢山の涙や 沢山のやり場のない怒りや
沢山の悲痛な声があったはずなのに


命は地球より重い
だなんて云い出した奴は一体どこのどいつだ


きっと命は軽い
ひとひとりの命なんてきっと
空のペットボトルよりもずっとずっと軽いんだ


そこになんらかの反応を期待しても
話題はもう別の何かに変わってしまっている


私はなにを感じればいいのだろう
私はなにを感じなくてはいけないのだろう


すべての命に悲しんでなんかいられない
私たちは日々とても忙しく生きているんだもの


だけどでも
そうだとしても
もう一度 
もう一度 考えてみないか


私の命は本当に 空のペットボトルよりも軽いのか
貴方の命は本当に 空のペットボトルよりも軽いのか




相変わらずむせかえるような暑さだった
私は残りのコーラを飲み干してふたたび街の喧騒の中を歩き始めた
生ぬるい風が頬を舐めて不快だったけど
気にしないで歩いた


なにも気にしないで
ただ 歩き続けたんだ









以下 このスレッドへのレスです。

Re: ここを過ぎて悲しみの街 DL-L - 2017/07/24(Mon) 21:40 No.101552  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 まさ・みち - 2017/07/25(Tue) 21:07 No.101565  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 匣男 - 2017/07/28(Fri) 00:34 No.101604  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/07/31(Mon) 04:52 No.101659  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/07/31(Mon) 04:52 No.101660  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/07/31(Mon) 04:53 No.101661  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 詩人 - 2017/07/31(Mon) 05:53 No.101662  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/08/01(Tue) 19:43 No.101688  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 亀吉 - 2017/08/02(Wed) 17:17 No.101696  

Re: ここを過ぎて悲しみの街 陽炎 - 2017/08/04(Fri) 08:49 No.101728  


メフィストと契約を 差羽ナガレ - 2017/08/03(Thu) 23:53 No.101727   返 信
加速するGT−R35

歪む街並みを残さず

全てを置き去りにする

軋まないボディに

詰め込まれたエンジン

コンロッドの背骨は

振れる事すら起こらない

公道を揺らめきながら

淡く散る蜉蝣の様に舞え

借り尽くした命を灯して





ひとつ 描く 木立 悟 - 2017/07/13(Thu) 00:34 No.101351   <HOME> 返 信






冬が冬を抱くかたちから
噴き出るように羽は生まれ
冷えるばかりのけだものの声
一本の線に遠のいてゆく


永く細い針の重なり
薄く紅い流れのひろがり
目を閉じ ひらく日々のなか
目を閉じる数が増えてゆく


空の半分は海になり
庭は湖に削られている
夜の泡が戸口に集まり
聞きおぼえのある声を土に置く


風に軋む夜の樹が
常に背後に揺れている
枝と枝のはざまから
枝のかたちの暗がりがこぼれる


夜は明るく
負は耐え難く
時は時に落ち
白の紋をひらきつづける


遠い陽を向き 波を漂い
花の手が 羽の手が
夜と夜明けのどちらにも
水の径を描いてゆく























以下 このスレッドへのレスです。

Re: ひとつ 描く 佐野運平 - 2017/07/14(Fri) 19:02 No.101379  

Re: ひとつ 描く ネン - 2017/07/15(Sat) 12:32 No.101390  

Re: ひとつ 描く 木立 悟 - 2017/08/03(Thu) 22:31 No.101725   <HOME>


上から ことばをしらない - 2017/07/19(Wed) 23:41 No.101460   返 信
月の先端から ぽたりと落ちる
光を浴びて 闇にまぎれて
その一瞬 そのほんの一瞬に
振り返る 臆病者のくるぶし

公園の砂場に 忘れた時間が
ひっくり返って テレビゲームする
ひんやりとした風 偉そうに語る
実はもう 2回目なんだぜ

誰がどうとか 関係ないけど
やっぱりほら ほらねやっぱり
ひんやりとした風 偉そうに語る
実はもう 2回目なんだぜ





はじめまして。初投稿させていただきます。
よろしくお願いします。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 上から 万人にとっての余所者 - 2017/07/22(Sat) 17:55 No.101506  

Re: 上から ことばをしらない - 2017/08/03(Thu) 20:45 No.101722  


路傍の石 詩人 - 2017/08/03(Thu) 15:23 No.101721   返 信
道に転がった石ころ一つ
思い切り蹴り飛ばしたら
あっと言う間に見えなくなった
地球を何周かした後に
また元の場所に戻って来るだろう
それまでどうかお元気で

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 路傍の石 辺猶 - 2017/08/06(Sun) 00:31 No.101751  


白菊 まさこ - 2017/08/03(Thu) 11:35 No.101713   返 信

君の意図がようやく見えてきた

彼に手紙を書いたの

本を添えて

「何コレ?」

と言われたけど

桜が舞っていて(うまく言えないけど)

魂がふるえてしまった

あの頃と変わらない自分のこころ

守りたいとか

今日も晴れている





両手の揃った今わかる

自己は思っていたより意外と小さく

ものを運べる自分の分量を知った

そうといえばやはり男は比べる気持ちがあるから

心という心が立たんと

この仏やな、いつか立場は逆転する


当時観たフランス映画が夢のように溶け

それであるほど不動の美というのを感じた


再三言う

私は多分、自分にとってかっこわるい

つまるところ失礼な事をしていて

もし君にお返し出来る記憶があるとすれば

これらを忘れて、気になってふらふらいらしている














以下 このスレッドへのレスです。

Re: 白菊 あゆり - 2017/08/03(Thu) 15:08 No.101718  


神道 詩人 - 2017/07/31(Mon) 05:55 No.101663   返 信
産むより育つを選んだ国
自然と共に生きる術
余計なものだけ引っこ抜き
ありのままの姿を残す
未来へ至る神の道

以下 このスレッドへのレスです。

詩人さんお早う御座います。 野良人 - 2017/08/03(Thu) 13:59 No.101716  

野良人へ 詩人 - 2017/08/03(Thu) 14:52 No.101717  


父なる星 野良人 - 2017/07/30(Sun) 13:57 No.101645   返 信
地球は
無断居住を咎めない
親の心で只管愛す

元々マグマの塊りで
其の対流に負けて地殻変動を繰り返したが
やっと落ち着いて人の時代となった

その名残の地震
気をつけたらなんとか暮らせるだろう
地軸を微妙に変えたのも

誰も焦がさず凍えさせない為
我儘な人間が飽きない様に四季を作った
親の心子も知るだろうか

皆地球好きなのだから
解らなくて構わない

お返し等は
望まないのだから


以下 このスレッドへのレスです。

野良人さん こんにちは 芳賀凛 - 2017/08/01(Tue) 18:14 No.101684   <HOME>

家なき親 詩人 - 2017/08/01(Tue) 18:45 No.101685  

芳賀凜さんお早う御座います。 野良人 - 2017/08/03(Thu) 12:59 No.101714  

詩人さんお早う御座います。 野良人 - 2017/08/03(Thu) 13:37 No.101715  


曲がった女 菜夢 - 2017/08/03(Thu) 07:50 No.101711   返 信
いつの間にやらどうして背中、こんなにまがってしまったんやろうかと。漫画でいうとこのよぼよぼのばあさんになってしまったんやろか。嫌、ついこの間成人むかえたばっかやんけ、なあにがよぼよぼのおばあちゃんや。全然ピチピチのじょうちゃんや。ならどうしてこんなに曲がったんやろうか?性格は元から曲がっとるけどどうにも理解しきくい。というかいつの間に性格曲がったんやろ?幼稚園のころはまふだ純粋やったって。うん。断言できるわ。なら、どうして?





言葉が宙を舞う
ネオンの街で
背中曲がった女が
とぼとぼと歩いている




どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして?
こんなにもなにもかも曲がってしまったの。
街も心もその全てが曲がって
いつか折れてしまう



「あれ、どうしてまだここにいるの?」



背筋が伸びた女が私に声をかけてきた。どうやってはなせばいいんやっけ…どうしたら……。




「うるさい、話かけんとってや」



「取り敢えず言葉からにげんなって」




?????


そろそろそろとその言葉
受け止めてみようと
いつの間にやら背筋がのびていた

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 曲がった女 DL-L - 2017/08/03(Thu) 09:21 No.101712  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -