詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

届かない祈り ひろ - 2017/10/06(Fri) 18:09 No.102641   返 信

悲しみ絶えない世界
多くの祈りが時と共に過ぎ行く
犠牲者を探す人々 温もりを待つ人々
それぞれが孤独の夜を迎える
朝は遠き一片の詩のよう
完成を待たずして夜を越えれようか
望む平和は近く遠く この掌の中にも
届かない祈りが悲しみに変わり
未熟なりし詩が生まれる
多くの夜が孤独を酔わせるよう
朝は訪れるのか
悲しみ絶えないこの世界
詩を誰かの為に思いながら・・・


Under the moon light Eleven - 2017/10/04(Wed) 23:26 No.102622   返 信
今日の月は美しい
遠く手の届かない場所で
淡い光を放っている
何とも言えない気分になる

時代を変わるけれど
変わらないものもある
遠い昔
何百年前の人達も
同じように空を見上げ
同じことを感じていたのだろう

日々はまるで
永遠に続くように感じられるけど
それは幻想で
なんて儚いんだろう

感傷的な気分になる
過去も未来も
どこかへ行ったみたいだ
散々な人生
だけど生きている
不思議な気分だ

日々はまるで
永遠に続くように感じられるけど
それは幻想で
なんて虚しいんだろう
生きているから
そう感じるんだろう

ああ
オレは生きているんだ

以下 このスレッドへのレスです。

Re: Under the moon light ひろ - 2017/10/06(Fri) 18:06 No.102640  


雨と手のひら 木立 悟 - 2017/07/30(Sun) 21:29 No.101653   <HOME> 返 信



羊の群れが見上げる先に
生きもののあつまりのかたちの曇
黒い太陽は白くなり
鉛のように口をつぐむ


平たい国に咲く花が
丸い虹や風へと傾き
水を覆い揺れている
夜を梳く手に揺れている


金と緑の合わせ鏡
数億年後の地表に吹く笑み
土から花までの隔たりを
小さなはにかみが埋めてゆく


光が空に描く果物に
触れることなく涙は昇る
生まれの前も生まれの後も
ゆるやかな午後の雨を聴く


銀の径
交差する手の
むこうの星と曇
いつか 別れて


器を重ね 日を重ね
海へ海へ 心を飛ばし
やがてふたたび還るものを
水と笑みは出迎える















以下 このスレッドへのレスです。

Re: 雨と手のひら るるりら - 2017/07/31(Mon) 19:03 No.101673  

Re: 雨と手のひら 木立 悟 - 2017/09/01(Fri) 10:30 No.102077   <HOME>

Re: 雨と手のひら 陽向 - 2017/09/03(Sun) 08:54 No.102094  

Re: 雨と手のひら 木立 悟 - 2017/10/05(Thu) 23:56 No.102636   <HOME>


風の護り人 小雨 - 2017/10/05(Thu) 21:52 No.102634   返 信
君の翼風に乗せ
大空高く飛んでいた
生まれたての太陽が
僕らを優しく包み込む

夜は闇を呼ぶ
月光だけを目指してた
宛のない一日は
朝も連れず終わっていく

僕が消えても
世界は動き続ける
諦めた未来が
奪われていくと知らずに

風と走りじゃれ合った
森の歌に眠り
争い滅んだ過去を
繰り返さないようにするため
光を空に運ぶため

失った背中の翼
空の色も忘れてしまう
光さえも失うな
もう一度、心風に乗せ

歴史は知っていた
世界の行く先を
滅びを選ぶなら
僕らに羽根は必要ない

風下に唱い継がれる
遥か遠きの伝説を
呼び覚ませ 大地を起こせ
全ては空の栄光のため
未来の光を護るため

切り裂いた黒い翼
光が夜へ飛び散った
生まれたての太陽が
世界を優しく包み込む

君の翼羽ばたかせ
僕らは風の一部になろう
風見の唄を歌い続け
これからは大地を歩いて行こう
君は大空へ飛んでいこう










人魚姫 詩音 - 2017/10/02(Mon) 21:54 No.102608   返 信



会いたい。

好きです。



そんな数文字すら
言えない私。



人魚姫?
あなたは 言葉が話せたら
何を望み話しますか?


以下 このスレッドへのレスです。

Re: 人魚姫  - 2017/10/05(Thu) 21:42 No.102633  


片隅に こし夜 - 2017/09/30(Sat) 19:11 No.102583   返 信
部屋の片隅に
ただ
座っているだけの
生物に

おい
負けないからな
と言ってみる

そいつは
能面のような表情のまま
そうですか
と言うこともなく
ただ
座っているので

わたし
おい
とまた言って
少々睨みました

けれどわたし
べつに嫌いじゃない
勝ちたくもない
そいつとは無関係だ
それとこれとは
何もかもが無関係だ

そう
言われた様な気が
してきました

睨んだひとみの
奥底の
少ない少ない
やさしさが
まだそいつを
そこに座らせている

言ったことが
そのまま沈んだ
だからわたし
その続きを
言う

言うのだけど





以下 このスレッドへのレスです。

Re: 片隅に なかほど - 2017/10/01(Sun) 11:39 No.102593  

こし夜さん こんばんは 芳賀凛 - 2017/10/01(Sun) 17:29 No.102599   <HOME>

ありがとうございます。 こし夜 - 2017/10/05(Thu) 07:09 No.102625  

Re: 片隅に ラッシュ - 2017/10/05(Thu) 21:00 No.102630  


とても致命的なソネット 西朗 - 2017/10/05(Thu) 01:34 No.102624   返 信



夜に出た月は明るかった
私の哀しみは退屈とは踊れなかった
孤独は
自由の渚でとおせんぼされた


しかし月は白々として赤く
奥行きある雲をうつくしく儚くして
それがまた
あの人の瞳の海の陰をうっとりとほころばさせる


洗濯ものが満足げに
軒から空の下にまた 消えて行く坂と電鉄の静かな
それは誰もいないような
だが、めだつ秋のひだった


淋しさはゆっくりと過ぎて行って小さくなれ
しかしこの苛立つほどの私の形のなさよ
言葉はまるで泡ほどのカタチさえ蒸発させない
場所のない叫びが私の内部で致命的につぶやく



















以下 このスレッドへのレスです。

Re: とても致命的なソネット こし夜 - 2017/10/05(Thu) 07:14 No.102626  

こし夜さんへ 西朗 - 2017/10/05(Thu) 13:47 No.102627  

Re: とても致命的なソネット ラッシュ - 2017/10/05(Thu) 20:53 No.102629  

ラッシュさんへ 西朗 - 2017/10/06(Fri) 17:19 No.102639  


ワルツ やえ - 2017/10/05(Thu) 18:59 No.102628   返 信

鏡に映って
不器用なワルツ
ショウウィンドーに写って
もっとがっかり

よつ打ち刻むの得意だけど
こっちは私にないリズム
その三拍子は難しい
ステップも
要練習

123 123は誰かとのリズム
手をとり腰を近づけ
刻む足
あなたは一人で練習中

あなたは首をかしげたまま
けれど一生懸命
相手の足を踏みそうに踊る
そんな舞台を客席で
美しいと感じ
見ていられずに
照明の光を追う僕 


あの娘はサディスト 差羽ナガレ - 2017/10/02(Mon) 23:41 No.102609   返 信
天使達の歌声が

聞くに堪えない夜

あの娘はとても綺麗で

そして嫌いだった

我儘で卑しさを隠さず

欲望を身に纏う姿に

触れる事すら叶わない

あの娘はサディスト

海を眺めながら泣く朝は

少しだけ優しくなれると

僕にだけ囁いてくれた








以下 このスレッドへのレスです。

Re: あの娘はサディスト 佐野運平 - 2017/10/03(Tue) 14:36 No.102614  

Re: 佐野運平さんへ 差羽ナガレ - 2017/10/05(Thu) 00:04 No.102623  


交差点のリリィ なかほど - 2017/09/24(Sun) 08:04 No.102471   返 信


   
三日月1号線は
全ての痛みを解いてくれる
ここではないどこかへ行ける
らしい
東に向かって走る
それだけで

僕は毎日のように
日常57号線を
行ったり来たりしているのだが
三日月1号線に差し掛かると
よくあの娘を見かけた

彼女は意を決して走り出すのだが
決まっていつも
こおろぎが鳴き出し
それから
道のまん中に崩れてしまう

僕は僕で
いつかは左折しようと
思っていたのだが
崩れた彼女の横を
真直ぐに進むしかなかった


ある日
彼女の姿が見えなかった


月は東に輝き
誰も何も邪魔するものはないので
スーツやビジネスシューズを投げ出し
裸足になって
全速力で走ろう
       と
        したとき

  こおろぎ

     が 


一斉に鳴き出し

   道のまん中に

崩れてしまった


自分の歩いてきた
日常57号線に目をやると
彼女が
まだおぼつかない足取りでやってきて
僕は嬉しくなり
涙でボロボロになってしまい
その横を彼女が通り過ぎた


そして
こおろぎは一晩中鳴き続けた


鳴き続けてくれた


 



以下 このスレッドへのレスです。

Re: 交差点のリリィ 森田拓也 - 2017/09/24(Sun) 13:07 No.102474  

Re: 交差点のリリィ なかほど - 2017/09/25(Mon) 21:03 No.102492  

なかほどさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/09/26(Tue) 06:47 No.102501   <HOME>

Re: 交差点のリリィ なかほど - 2017/09/26(Tue) 23:18 No.102521  

Re: 交差点のリリィ 西朗 - 2017/09/29(Fri) 21:20 No.102555  

Re: 交差点のリリィ なかほど - 2017/10/03(Tue) 22:13 No.102619  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -