詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

Every cloud has a silver lining Who know - 2017/12/06(Wed) 21:51 No.103647   返 信
君と並んで歩いた道

不釣り合いな揺かごがユラユラ

温もりが二つをくっつけていた

君を追い越した道

僕の後ろ姿

どんなふうに見えているだろうか

ねぇ、教えてくれ











雨後 木立 悟 - 2017/12/05(Tue) 09:06 No.103618   <HOME> 返 信






ひとつ静けさ 眠れずにいる
泣いてしまうほど やわらかなもの
放りなげた願いを数える
断崖 砂漠
わたり鳥の背


ひとつのなかに 異なる目がある
朝と夕が
水面を碧くすれちがう
折りたたまれた眠り
ひとりがひとりになるかたち


まぶたの上に 頬の上に
くちびるの上に 首すじに
雨の種があり ひとつずつ
こぼさぬように 混ざらぬように
舌で集める


鳥は来る
砂の傷を癒せずに
鳥は飛び去る
羽は残り
砂と話すうち
夜になる



種は鳴り
種は沈む
舌の渇きに
窓を見る
何もないところに
光源があり
その向こうの
何もないところへ
種は響き
種は沈む



羽は黙り
眠れずにいる
砂も黙り
曇を聴く
雨へ 雨へ
鳥は今も
去りつづけている




















以下 このスレッドへのレスです。

Re: 雨後 ネン - 2017/12/06(Wed) 20:55 No.103645  


dear non - 2017/12/02(Sat) 23:43 No.103584   返 信
冷えた指先を包む
そこから伝う、温もりと愛しさ
限られた時間の中で
どれだけの愛を紡ごう
今日の君と過ごし
明日の君を想い
いつか全ての君を抱いて
永遠の眠りにつくまで
どうか、幸せでありますように

以下 このスレッドへのレスです。

Re: dear ひろ - 2017/12/05(Tue) 12:54 No.103621  

Re: dear 小林大鬼 - 2017/12/05(Tue) 22:23 No.103631  

Re: dear あゆり - 2017/12/06(Wed) 18:58 No.103642  


ぼく ぼく - 2017/12/04(Mon) 09:47 No.103605   返 信
今こうして幸せなのも誰かの不幸があったから
君には一生結ばれて幸せになってたはずの
僕にとっての他人がいたかもしれなくて
君を使ってこんなちっぽけな僕が幸せになるなんてもったいなくて
何かしてあげたいけど何もできなくて
求めることもできなくて
もどかしくて辛くてしんどくて空虚で
君をもっと知りたい引き出したいって考えれば考えるほど僕が何もできないことが目立ってつまらなくて
すごく自分が空っぽに思えて泣いた
空っぽの自分はとても冷たくて酷くて醜くて
何も与えられないし求める方法もわからないから申し訳なくなる
だから死にたい
明日は結婚式
だから死にたい

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ぼく ヤエ - 2017/12/06(Wed) 16:37 No.103636  


養老川の夜 小林大鬼 - 2017/12/05(Tue) 22:38 No.103632   返 信
店を出て養老川を歩きけり

小雨降る中考へり


文明が光の如く過ぎにけり

時代ばかりが過りけり


魚跳ねし音響きけり

養老川は不変なり

暗闇にただ流れけり


註 過り・・・よぎり

五井より。今はつくばに。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 養老川の夜 旅人 - 2017/12/06(Wed) 08:15 No.103634  


未来  - 2017/12/05(Tue) 20:08 No.103628   返 信
したかったことは
毎日一緒に起きて
近所をジョギング
帰宅したら朝ご飯を用意して食べて

一緒に家を出て仕事に行く
同じお弁当を持って

帰宅して夕ご飯の準備
お風呂も準備して
一緒に入るのもいい
食前にお酒を少しだけ
色んなことを話しながら食事しよう

同じベッドで本を読む
お互いの息遣いを感じ
眠くなったら
いつのまにか眠っていて
気が付いた方が毛布を掛けてあげる
一緒に眠る夜

そんな風に
毎日を過ごしていけたらと
浮かんだんだよ
二人で
あなたとそうしたいと
これ以上表せない
私なりの
精一杯の
願い
どんなことがあっても
この日々があれば私はしあわせだと
そう思った

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 未来  - 2017/12/05(Tue) 20:14 No.103629  


価値観  - 2017/12/01(Fri) 18:52 No.103564   返 信
ずれていたのかしら
私が見ないフリをしていたのかしら

どんなことを聞いても どんなことを知っても
私には全て愛しさの飴玉だった
もしもずれていたとしても
全て舐めて液体に変えて飲み込む気概で

一つ一つ似ていてたまらなかった
愛しくて愛しくて
見えていなかったのは
私も受け入れられていたということ

最後の最後まで

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 価値観 佐野運平 - 2017/12/02(Sat) 14:28 No.103577  

Re: 価値観  - 2017/12/05(Tue) 20:05 No.103627  


砂塵舞う星空を 差羽ナガレ - 2017/12/05(Tue) 16:43 No.103625   返 信
インタ−セプタ−の中に

アップルサイダ−を積んで

遠い星の貴方を迎えよう

些細な事は如何でもいいから

止まらないフリ−ジャズを

聞きながら飛ばし続けた

アスファルトに咲いた鬼灯が

何時かの狂った夕日みたいで

バックミラ−に移り込む過去を

皆が忘れてしまうんだろうね



幸せのツボ まんねんぐさ - 2017/12/01(Fri) 15:07 No.103558   返 信
誰か幸せになる
ツボを押してくれ

そんなもんどこにあるって?
体中まさぐりあえば
いつか見つかるだろう

さぁはやく
その固くて痛い
ツボ押し器で
一気に押してくれ

いや、そこじゃない
そこは肩こりのツボ!
もっと下のほうだ

だからそこは
腰痛のツボだって
あぁもういい

ツボは自分で探すよ

その代わり今度は
熱くて香りのいい
コーヒーを入れてきてくれ

そう、そうだ
そこの苦みばしったヤツだ
う〜ん実にいい香りだ

うん!
なんだか体が
ほかほかしてきたぞ

さっきのツボが
効いて来たか

なんだかいい気分に
なってきたぞ

な〜んだ
もう幸せののツボは
押されていたんだね

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 幸せのツボ 佐野運平 - 2017/12/01(Fri) 17:10 No.103559  

Re: 幸せのツボ まんねんぐさ - 2017/12/02(Sat) 10:56 No.103575  

Re: 幸せのツボ シースカイ - 2017/12/04(Mon) 11:16 No.103606  

Re: 幸せのツボ まんねんぐさ - 2017/12/05(Tue) 15:55 No.103624  


若者たち まつもと - 2017/12/05(Tue) 15:11 No.103623   返 信



君の瞳は 青く光り ゆらゆらと波打つ
右耳だけイヤホンをして 何を聴いているの?
アルコールは摂っていないのに 歩き方が乱れている
指先が赤くなった右手を ポケットに隠して

僕らの前をゆく 車のライトの点滅と、
君の鼓動は どっちが速いんだろう?


初めて見たよ、
君も こんな顔をするんだね


僕は 君の黒髪に映る きらきらした星空を見ている
君の名前からスタートして たわいもない会話をしよう
合わせるよ、僕は君の歩幅に合わせるよ
持て余した左手は 咄嗟に 君を掴もうとする

君のためだ
頬を平手打ちしようか
利き手じゃないから大丈夫
僕の手の形に 痣が残っても
君のためだ


今更だけど、認めるよ
もうだめだ


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -