詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

夕べの眠りは隠し事 ラッシュ - 2017/10/05(Thu) 21:08 No.102632   返 信
夕べの眠りの残り火に
黙って腰を落ち着かせているのは誰?

深く 深く 暗く
可能性が混じった箱庭の時間は終わったはずだけど?


静寂と
チロチロと揺れる灯りが
気を紛らわす


そこに誰かが腰を掛けているのだろうか?

遠くに聞こえる何かが動いている音
直線的な光が
気を晴らしていく


「おはよう」
「もう朝だから寝ていいよ」

夕べの眠りの秘密を隠すようにと

以下 このスレッドへのレスです。

ラッシュさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/10/09(Mon) 05:10 No.102670   <HOME>

Re: 夕べの眠りは隠し事 初心者 - 2017/10/09(Mon) 21:00 No.102689  

芳賀凛さんへ ラッシュ - 2017/10/11(Wed) 20:15 No.102721  

初心者さんへ ラッシュ - 2017/10/11(Wed) 20:20 No.102722  


すれちがい まつもと - 2017/10/10(Tue) 13:05 No.102702   返 信



あなたは優しい人だから
きっとその言葉に嘘はない
わたしはひねくれているから
あなたを信じきれない

ぼくは不器用だから
きみが欲しい言葉をあげられない
ぼくはできない
きみの心を完璧に奪う
その言葉ひとつさえ
発明することができない 

わたしの目を見て
あなたの知らないあなたさえ
わたしには見えてしまう
そんなのただの虚像なのに
わたしが勝手に作った虚像なのに
わたしは怯えてしまう

ぼくの目を見て
そうしたら、わかる
嘘じゃない
きみはぼくの心まで覗こうとする
ふとした小さな隙間から
ぼくはできない
きみの心を覗くことができない

ねえ、いま目が合っているよね?
わたしの目の中にあなたがいるよね?
ぼくの目の中にきみがいるよね?




以下 このスレッドへのレスです。

Re: すれちがい 森田拓也 - 2017/10/10(Tue) 19:10 No.102704  

Re: 森田拓也 さん まつもと - 2017/10/11(Wed) 18:36 No.102718  


ゆくえ ざわめき 木立 悟 - 2017/09/07(Thu) 08:40 No.102146   <HOME> 返 信




灰の地層
人工の骨
潰れ かがやく
玩具の群れ


波のはばたき
ひかり振る陽
来ることのない
待ち人の鼓動


動きが動きをくぐり抜け
片手は月に到いている
片足はひとり 曇を踏み
身体を過ぎる震えに触れる


光の粉が沈む音
すれちがい
不明の意味を渡し合い
再び離れ 別れゆく音


ひと足ひと足消えゆく会話
見えても聞こえぬ淵の合いの手
すぐに崩れる相槌が
夜の足元につもりゆく


海のかたち 数億の時
巡る火のざわめき
不確かなままであることを
確かめるさまよい


幻が砂を焼く度に
歩みを止めようとする声は増し
地層を洗う飛沫の下を
足跡はつづき つづきつづける





















以下 このスレッドへのレスです。

Re: ゆくえ ざわめき 匿名 - 2017/09/07(Thu) 17:13 No.102148  

Re: ゆくえ ざわめき 木立 悟 - 2017/10/11(Wed) 17:50 No.102717   <HOME>


終わらない終わりの日  - 2017/10/05(Thu) 22:09 No.102635   返 信
1999、2012
そして2017の今年は未知なる惑星が
地球に衝突するって話だった

来年も世界が滅亡する話が出るのかな

なんだかんだ
私は今日も生きています


以下 このスレッドへのレスです。

Re: 終わらない終わりの日 まつもと - 2017/10/06(Fri) 15:10 No.102637  

Re: まつもと  - 2017/10/06(Fri) 19:22 No.102643  

Re: 終わらない終わりの日 night owl - 2017/10/08(Sun) 17:56 No.102664  

Re: night owl  - 2017/10/09(Mon) 09:21 No.102672  

Re: 終わらない終わりの日 ヒナタ(陽向) - 2017/10/09(Mon) 14:48 No.102678  

Re: 終わらない終わりの日 あゆり - 2017/10/09(Mon) 16:02 No.102680  

Re: ヒナタ(陽向)  - 2017/10/11(Wed) 17:23 No.102714  

Re: あゆり  - 2017/10/11(Wed) 17:35 No.102716  


君がくれたもの〜あの時の僕ら〜 広井廬 - 2017/10/11(Wed) 17:33 No.102715   返 信
あの時の僕ら

小学生

学校が終わるとすぐ公園に行って

サッカーをした。

6時くらいになると近くの駄菓子屋
にいった。

そしてみんなでわいわいした。

今日学校の壁に木の実投げておこられたとか、たわいのないことを。

そして最後に、

「また明日」

その時の帰り道の夕焼け

僕は忘れない。

無邪気だったあの時の僕ら。

もうあの時は戻って来てはくれない。

大切な思い出。

そんな僕ら追憶の1ページ。


「あした」 まんねんぐさ - 2017/10/08(Sun) 15:34 No.102661   返 信
今日の涙にぬれた頬も
あしたには乾くだろ

今日擦りむいた膝も
あしたにはカサブタに
なるだろ

あしたになれば
あしたになれば

今日の雨も上がって
虹が出る


今日なくした宝物も
あしたにはひょっこり
出るだろう

今日ついたため息も
あしたにはアクビに
変るだろ

あしたになれば
あしたになれば

今日の雲も切れて
朝日が昇る


今日がダメでも
明日になれば
きっと何かが変るはず

あしたになれば
あしたになれば

今日の蕾も
花開く

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 「あした」 きぬ - 2017/10/09(Mon) 12:13 No.102673  

Re: 「あした」 まんねんぐさ - 2017/10/11(Wed) 15:50 No.102713  


戯言 はねひつじ - 2017/10/09(Mon) 16:55 No.102681   返 信
僕がもっと
痛みを知っていれば
この言葉は君に届いたのだろうか

どこまで行っても満たされないことを
貴方はそこで咲けることを

僕がもっと
愛を知っていれば
この言葉は君に届いたのだろうか

求めることに意味はないことを
人を思うだけでいいことを

僕がもっと
君を知っていれば
この言葉は僕に届いたのだろうか

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 戯言 森田拓也 - 2017/10/10(Tue) 05:23 No.102699  

Re: 戯言 まつもと - 2017/10/10(Tue) 09:53 No.102700  

Re: 森田さん はねひつじ - 2017/10/11(Wed) 00:03 No.102709  

Re: まつもとさん はねひつじ - 2017/10/11(Wed) 00:09 No.102710  


史上最小になった消しゴム なるみ けい - 2017/10/10(Tue) 22:16 No.102708   返 信
三カ月前に新しくした消しゴムに好きな人の名前を書いてこっそり使っていた
子供みたい、と独り言 照れ隠しに
二カ月前にちょっと擦れてきた紙ケースをちょきんと切って一文字目が出てきた
つぶやく名前も何回目? 消しゴムに言いたいわけではないのに
二週間前にもう紙ケースをつけておくには小さすぎる名前を露わにした
名前も最後の一文字しか残っていなかったけれど ペンで書き直して叶いますように、と

一週間前 やっぱりおまじないはおまじないだった
忘れようとするみたいに消しゴムを消費
ゴシゴシ熱くなるプラスチック マジックの黒は消えて
出来上がったのが史上最小の真っ白な消しゴム


ひとつ のばす 木立 悟 - 2017/10/09(Mon) 23:33 No.102698   <HOME> 返 信





触れれば雨の刃
稲妻の涙
ところせましと息ふきかけて
影の無い真昼に指を降ろす



暖かく 冷たく
慈悲もなく 是非もない
ひとさしゆび
ひとりの入れ物



雨また雨
空に立つ空
はざま はざまに
ひらくかたちたち



朝は流れ
こがねは流れる
朝のどこにも
残す跡もなく



手をつなぐものたちの
手だけが曇に映りゆき
埋立地に散在する 真昼の玩具の家々に
夕暮れが少しずつ近づいてゆく



こちらには虹 そちらには霧
人は短く 花は永い
明るく渦まく金緑のなかに
何かが再びまたたきはじめる



手櫛の銀河
水を追い
弱者の軌跡
陽をちりばめて



曇を背負い 羽ひろう径
降りつづける夜をかき分けながら
空を貫くひとつの指の
無数の影をかいま見る

























以下 このスレッドへのレスです。

Re: ひとつ のばす ネン - 2017/10/10(Tue) 21:53 No.102707  


逡巡 ネン - 2017/10/03(Tue) 21:32 No.102618   返 信



平たい布団の中で
眠りに落ちるまで
取り留めもなく
あなたについて考える

病的に熱を上げ
自傷に悩んだ頃も
いつか過ぎ去り
後には何も残らなかった

それは架空の夢物語
あなたと私が
嘘をつかずに居られたら
どんな結末だったか

与えるのも奪うのも
ほんの少しでいい
暗闇がゆるゆると
夜空に溶け出している



以下 このスレッドへのレスです。

Re: 逡巡 初心者 - 2017/10/09(Mon) 21:39 No.102694  

Re: 逡巡 ネン - 2017/10/10(Tue) 21:24 No.102706  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -