詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

青空 らりゅりょ - 2017/06/17(Sat) 14:27 No.100653   返 信

やっときた手紙が
集金の催促だった

人がカシューナッツの大きさで
あるいていく

風がふいている
どこかで工事をしている

とおく
たかく

鉄のバウンド

あくいのない大声は
いいなと思う

たかく
ひびく

青空

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 青空 ひろ - 2017/06/17(Sat) 16:34 No.100654  

Re: 青空 亀吉 - 2017/06/17(Sat) 17:14 No.100657   <HOME>

Re: 青空 陽炎 - 2017/06/17(Sat) 17:29 No.100661  

Re: 青空 西朗 - 2017/06/18(Sun) 19:03 No.100707  

ひろさんへ らりゅりょ - 2017/06/18(Sun) 22:53 No.100721  

亀吉さんへ らりゅりょ - 2017/06/18(Sun) 22:57 No.100722  

陽炎さんへ らりゅりょ - 2017/06/18(Sun) 23:04 No.100723  

西朗さんへ らりゅりょ - 2017/06/18(Sun) 23:15 No.100724  

Re: 青空 ネン - 2017/06/19(Mon) 22:11 No.100744  

らりゅりょ さんへ 古明地ことり - 2017/06/20(Tue) 18:38 No.100755  

らりゅりょさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/06/21(Wed) 04:27 No.100764   <HOME>

Re: 青空 ネンさんへ - 2017/06/21(Wed) 21:07 No.100780  

無題 ことりさんへ - 2017/06/21(Wed) 21:11 No.100782  

↑タイトルまちがえました らりゅりょ - 2017/06/21(Wed) 21:13 No.100783  

芳賀凛さんへ らりゅりょ - 2017/06/21(Wed) 21:23 No.100785  

Re: 青空 まつもと - 2017/06/22(Thu) 15:46 No.100800  

Re: 青空 雫依 - 2017/06/25(Sun) 07:59 No.100890   <HOME>

まつもとさんへ らりゅりょ - 2017/06/25(Sun) 12:00 No.100909  

雫依さんへ らりゅりょ - 2017/06/25(Sun) 12:02 No.100910  


調和と平衡 桜庭 淡 - 2017/06/23(Fri) 10:20 No.100829   返 信
ある男とある女が出会い
2人の間には双子の兄妹が生まれた

兄は知性を
妹は感性を
それぞれ両親から引き継ぎもって
生まれた

つまり
2人は一緒にいることを好んだ

知性だけあっても
感性だけあっても
つまらない星に生まれたということを
その兄妹は知っていたのだ

そして2人は
感性も知性も養えるものだということを
その豊かな人生をもってして
証明したのである

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 調和と平衡 ひろ - 2017/06/23(Fri) 16:58 No.100835  

桜庭 淡さんへ 古明地ことり - 2017/06/25(Sun) 11:57 No.100908  


忘れることのできない記憶 水無月 - 2017/06/17(Sat) 23:11 No.100680   返 信
一年に一度同じ時期に現れる数年前の苦い思い出を人気の少なく暗い公園のサイズが合わないブランコで今年も冷え切ったコーラの強炭酸で洗い流す

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 忘れることのできない記憶 雫依 - 2017/06/25(Sun) 08:01 No.100892   <HOME>


左足 ヤエ - 2017/06/24(Sat) 20:49 No.100874   返 信
僕の身体は 
30を前にして
壊れてきたようです
足が床につくたびに痛みます

一歩ずつ踏み出すたびに
痛む片足を庇って
庇って庇って
頑張った別の足が疲弊しています

下から這い上がるようにして
崩れていく音
バランスをとるように
足を庇う足と
足を庇う腰と
腰を守ろうとして背と肩
背と肩を支えられない頭

何かをなさないと
何か僕に意味がほしいと
焦っているけど
じんわり広がる
痛みが泣きそう

まずは動かないで
足を労るべぎだが
日常さえも遮る痛みが
怖いときがあります

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 左足 古明地ことり - 2017/06/25(Sun) 02:58 No.100883  

Re: 左足 らな - 2017/06/25(Sun) 03:23 No.100885  


Cry in the rain 花音 - 2017/06/24(Sat) 17:03 No.100863   返 信

忘れたはずの古傷が
シクシク痛む雨の夜
置いてきたはずなのに
キリキリ軋んで蘇る

今を邪魔しないでと
心に言い聞かせても
ふとした時に溢れ滴る

いつまで繰り返すの?

そんなのこちらが聞きたいよ

届かなくて泣いた日は
遠い昔のはずなのに
今の私を苦しめる

どうか過去を流して
今を脅かさないで

昔の私が聞いたらきっと
驚いてしまうわね

だって1人でいるのに
慣れていたんだから
愛することを恐れて
自らバリケード張ってたの

だけど現在は違うから
大切な人見つけたから
私は『今』を生きたいのに

過去の出来事は
無かったことにならない

雨はしばらく止まず
シトシトシトシト
降り続ける

立ちすくんだまま
ここから動けない
そんな悲しい雨の夜



以下 このスレッドへのレスです。

Re: Cry in the rain らな - 2017/06/25(Sun) 03:12 No.100884  


わたしは理解されたかった こま - 2017/06/17(Sat) 19:31 No.100671   返 信
「誰からも理解されない」と悩んだ時、確かに、その「悩み」は純粋だった。
硝子のように繊細だった。
まるで我が子を育てるように、わたしはわたしの「悩み」を育んでいった。

やがて幼子だった「悩み」は成長し、わたしはいつからか、誰からも理解されないことに対して、優越感を抱くようになった。
わたしは誰よりも優れているから、誰からも理解されないのだ、と思い込むようになった。
人々を見下すことで自分の心の均衡を保つようになった。

頭の片隅ではわかっていた。
それは誤った考え方で、歪んだ優越感だということ。
どんなに思い込みの分厚い壁を塗り固めて自己暗示をかけても、わかっていた。
わたしが誰からも理解されないのは、わたしが誰も理解しようとしないからだということ。
わたしが誰からも愛されないのは、わたしが誰も愛そうとしないからだということ。

すると分厚い壁はたちまち瓦解し、心のどこかに隙間風が吹き込んだ。
わたしはそのうすら寒さにぶるっと身震いした。
と同時に、理解も愛もない荒涼とした世界に慄いた。

いつしかわたしと「悩み」の立場は逆転し、肥大化した「悩み」は無慈悲にわたしを飲み込んだ。
わたしは暗闇の中でもがいた。幼子のように、助けて、誰か助けて!と泣き叫びながら、見下してきたはずの人々にみっともなく懇願し続けた。






どれだけ長い間もがいたのだろうか。
救いの言葉は与えられなかった。
救いの手は現れなかった。
わたしは暗闇の中で足を抱え、ひとり静かに佇んでいる。
もう疲れてしまった。
誰かを理解してみたかった。
誰かを愛してみたかった。
そうしてわたしは目を閉じた。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: わたしは理解されたかった らな - 2017/06/17(Sat) 22:13 No.100679  

Re: わたしは理解されたかった 西朗 - 2017/06/18(Sun) 10:14 No.100689  

Re: わたしは理解されたかった 陽炎 - 2017/06/18(Sun) 16:27 No.100704  

らなさんへ こま - 2017/06/18(Sun) 21:56 No.100717  

西朗さんへ こま - 2017/06/18(Sun) 22:03 No.100719  

陽炎さんへ こま - 2017/06/18(Sun) 22:08 No.100720  

こま さんへ 古明地ことり - 2017/06/21(Wed) 18:55 No.100778  

ことりさんへ こま - 2017/06/25(Sun) 00:36 No.100881  


祈り、そして誓い らな - 2017/06/22(Thu) 00:41 No.100794   返 信

わたしの心が平和でありますように
すぐに興奮しないように気をつけます
わたしの心のありようがわたしの幸不幸を
決めていることを忘れません

家族が平和で幸せでありますように
イライラしたり文句言ったりを慎みます
家族の喜びを話題にします

地域が平和でありますように
家の周りをきれいにします
木や草花を大切に育てます

日本が平和でありますように
この国を愛し、私たちの強い意志と内なる平和により、平和を選択する国であり続けますように

世界が平和でありますように
戦いがなくなり、飢えがなくなりますように
辛い人々に何も出来なくてもその存在を決して忘れません

そして万物が幸せでありますように
人間だけでなく、全ての生きとし生けるものが
みな生きる権利があることを忘れません



宇宙が平和でありますように



以下 このスレッドへのレスです。

らなさんお早う御座います。 野良人 - 2017/06/22(Thu) 05:02 No.100795  

Re: 祈り、そして誓い night owl - 2017/06/22(Thu) 07:59 No.100797  

野良人さんへ らな - 2017/06/22(Thu) 20:58 No.100808  

night owlさんへ らな - 2017/06/22(Thu) 21:10 No.100810  

らなさんへ。 まさ・みち - 2017/06/22(Thu) 21:25 No.100813  

まさ・みちさんへ らな - 2017/06/23(Fri) 15:11 No.100832  

Re: 祈り、そして誓い ラッシュ - 2017/06/24(Sat) 11:59 No.100854  

Re: 祈り、そして誓い 花音 - 2017/06/24(Sat) 17:18 No.100864  

ラッシュさんへ らな - 2017/06/24(Sat) 19:51 No.100869  

花音さんへ らな - 2017/06/24(Sat) 20:04 No.100870  


貴方 冬季 - 2017/06/23(Fri) 15:51 No.100833   返 信


貴方がもっと卑怯な人間になれば良いのに。
冷たくて氷のような人になれば良いのに。

そうしたら、可愛らしい彼女との約束なんて
すっぽかしてくれるだろうに。

永遠を誓った約束なんて
忘れて快楽に溺れたら良いのに。

ふたりが永遠を誓い合うその日まで、
私は笑って貴方の隣にいるのだろうか、
…いられるのだろうか。

難しい言葉は言えない。
雨が降ったら貴方に傘をさしてあげたくて、
晴れたら冷たいジュースを分けてあげたくて、
お腹が空いたらお弁当を作ってあげたくて、
眠かったら腕枕をしてあげたくて…

それが愛なのか恋なのか、
不純な想いなのか、
二番目なのか二番でもないのか、
汚いのか、汚らわしいのか…

周りが何と言うと
今日も私は貴方の為に生きてる。
貴方だけの為に歩いてる。


以下 このスレッドへのレスです。

Re: 貴方 ひろ - 2017/06/23(Fri) 17:00 No.100836  

Re: 貴方 かものはし - 2017/06/24(Sat) 18:42 No.100867  


命あるもの。 ケンタロウ - 2017/06/23(Fri) 18:55 No.100839   返 信
限られた 命
与えられた 命
大切に生きよう
あなたの 命
輝いて生きよう
毎日を一生懸命
最期に笑っていられるように
風が吹いてきて
葉が舞う
目の前の景色を
ちゃんと感じて
生きていこう・・・

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 命あるもの。 ひろ - 2017/06/23(Fri) 20:32 No.100841  

Re: 命あるもの。 ケンタロウ - 2017/06/24(Sat) 16:20 No.100862  


瓦礫 またたき 木立 悟 - 2017/06/24(Sat) 14:17 No.100861   <HOME> 返 信





銀の銛が突き刺さり
青と金でできた腹から
ひまわり 硝子 晴れの日の雨
街の入口の門に散らばる


砕けひろがるものの先に
ちぎれた鉄や鉛があり
多眼の宝石の角度から
言葉のような光を返す


握りしめられ
したたり落ち
聴こえない影
粉の原の揺れ


光の音を泳ぐうち
少しずつ少しずつ剥がれゆき
波のなかの白濁の弓
器の内に濡れる霧の矢


闇が闇に尾を引きながら
何かが汚れるのを待っている
飛沫は飛沫を真似ながら
わずかに闇を散らしつづける


四ツ足の嵐が地を歩き
誰もいない街を洗う
冬の顔のひとつが夜を向き
砕けひろがるまたたきを視る


雪は森に頬を押し当て
倒れた木々は径へと変わり
岩の上の新たな門
新たな風を導いてゆく

























[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -