詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

あなた けん - 2017/11/22(Wed) 13:23 No.103396   返 信
 今日も真白で奇麗だな
 誰の心に降り積もるのかな
 きっと触ると冷たくて手のひらで
 溶けて流れてしまうんだね
 だから今日も遠くから見てるだけにしとくよ

 

以下 このスレッドへのレスです。

Re: あなた ふじりゅう - 2017/11/22(Wed) 15:25 No.103400  


かけら 冷たく 木立 悟 - 2017/11/21(Tue) 20:56 No.103387   <HOME> 返 信





遺跡を過ぎる径
蜘蛛の巣と青空
夜へ向かう色
霧のなかの無数の手


冷えてゆく鉄の音
水滴の音に重なり
今は居ない民族の
祭のように響いている


ルシファー クリストファー
水の下と上を見る
冷たい原の上の指
雨の生まれを黙示する


茶色の事柄
銀に銀に繙かれながら
左目の花と涙へと
うたう子らの遍歴を吹く


ほどけてゆく時間の紐が
蝶の風となり額に触れる
宴と祭の隔たりに降る雨
冷たい光の衝動に翻る


響きが夢に在るのなら
地図は現の手には無い
見えないものの影を映す霧
径を夜に延ばしつづける





















以下 このスレッドへのレスです。

Re: かけら 冷たく グルー&シンキ - 2017/12/07(Thu) 12:39 No.103666  


悪の下に心偏 あゆり - 2017/11/21(Tue) 14:52 No.103383   返 信

鏡に映ったliveの字
善にはつかない心偏
生きる事は悪しき事

人を良くする筈の食
お腹が減って出来心

善と同時に覚える苦
善行のみが和らげる

発達したのは前頭葉
愛とは何かを考える

我が子の為に獲る命
花の咲く音、力強い

共に生きたい優しさと
生き延び続ける強かさ
優しく強くは矛盾する

グルグル回るこの頭
グルグル回る青い星
そして命も回ってる


以下 このスレッドへのレスです。

Re: 悪の下に心偏 グルー&シンキ - 2017/12/07(Thu) 12:30 No.103663  


おはなし ゆん - 2017/11/20(Mon) 14:23 No.103371   返 信
子供の頃に聞いたことがある話のなかで、
秘められたメッセージがあることに気づいた時が
あるでしょう。
大人になってから出会うそのメッセージには、
君が魔法使いになるターニングポイントだと知らせてくれる。
引き継ぎましょう、引き受けましょう。
君の上に吐息を感じたら、目を開けたらならぬ。
まぶたの向こうに月の灯りが見える。
それは首に触れ、髪を撫でるだろう。
そして君の唇に温かな指先で「ありがとう」と
なぞるだろう。
安心すれば良い。
いつだって君は、見守られている事を感じられるだろう。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: おはなし ふじりゅう - 2017/11/21(Tue) 00:19 No.103379  


この瞬間に Eleven - 2017/11/20(Mon) 23:34 No.103377   返 信
未来なんて不安定なもの
考えだしたら、キリがない
自分が善人だって
胸を張って言えるかな?
犯した間違い
ついた嘘
それはここにはないけど

そうやって
いつも、自分にいい聞かせてきた
愛する資格があるのか
相応しい存在なのか
現実はいつも、僕を突き放す

何度も何度も
膝をついて
敗北を受け入れてきたけど

自分の心を誤魔化し続けた先に
真実なんてきっとないだろうから
今回だけは
そういうわけにはいかないよ

大きく舵を切って
目的地を変える
考えてたこと
今までのこと
全部パーになったって構わないさ

筋の通ったストーリーを
理性が訴える
バカな真似はやめろって
声が聞こえる
脳からの信号を振り払う

理由とか、その後の事とか
いいんだ
そんなのは、もう

同意も、承認も
そんなもの、必要じゃない
伝えるんだ
この瞬間
感じてること

どれだけ君を愛してるのか
今、この瞬間に





以下 このスレッドへのレスです。

Re: この瞬間に 西朗 - 2017/11/22(Wed) 23:28 No.103420  


 sasa - 2017/11/19(Sun) 18:53 No.103358   返 信
 空の下の雲   虹が冷える


 日差しの色が影ぼうしを時とする


 雷鳴ともにやってくる さざ波


 時の流れが空を満たす


 グラスが重なり合う


 ひっそりと明かりが灯る


 しろあいいろの鳥たちに 雲のすきまから陽が当たる


 羽が動く


 水平線の向こう岸まで
 

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 今 N - 2017/11/19(Sun) 21:37 No.103367  

Re: 今 sasa - 2017/11/19(Sun) 22:45 No.103368  


竜巻の先 N - 2017/11/15(Wed) 19:00 No.103315   返 信
眠っていた。

眼鏡の奥の、花浅葱色の瞳は、遠く、遠くにあるような気がした。

覗いたら見える気がして、目にかかった前髪を指でどけて、あの青を、探すように、ただ見つめた。

まつげがふるりと震えた。

あ、まずいと思った矢先、もう遅く、前髪をどけていた手は、大きくて少し冷たい手に掴まれてしまった。

ゆっくり開いたまぶたの奥。

遠い遠い、青の瞳。






以下 このスレッドへのレスです。

Re: 竜巻の先 GROWW - 2017/11/16(Thu) 13:30 No.103326  

GROWWさんへ N - 2017/11/19(Sun) 21:34 No.103366  


ベクトル GROWW - 2017/11/16(Thu) 13:41 No.103330   返 信
無意識に圧縮された那覇の風景を
ビルの屋上から解凍する
泊大橋があって県庁ビルがあって
若狭の豪華客船が目立ったりする
街のレイヤーが一層、一層、
最下層は久茂地川のカーキ色の水面だ
そして重なりの隙間に風がすべり込み
ゆいレールがすれ違いながら街をめぐってゆく
空の地層が夕方の東シナ海からせり上がり
光に洗い出された首里城をママチャリから眺め
街路樹のイッペーの花を緋寒桜と間違えたりして
季節ばっかり過ぎてってコップに何も残ってなかったりするんだ

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ベクトル 狭由良 - 2017/11/17(Fri) 19:12 No.103336  

Re: ベクトル GROWW - 2017/11/19(Sun) 19:33 No.103359  


 スナフキン - 2017/11/17(Fri) 17:17 No.103334   返 信
 その白く溶けるように柔らかな肌は
 艶やかで、かつ、華やかな季節に囀る
 鳥たちの調べ
 その甘く時に刺々しい瞳は僕を弄ぶ
 ように穏やかな景色と激しく痛みさえ
 も感じる景色を繰り返す
 
 夢であり現実であるこの世界に
 もう少しだけいたくて
 その心に入り込みたくて
 狂気と羨望に毒されたこの瞳は
 歪んだ世界に引き寄せられ 
 霞んでゆく天使の背中をとらえている

 温かな風はただ通り過ぎるだけ
 そう切なく通り過ぎるだけ

  

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 夢 sasa - 2017/11/19(Sun) 18:20 No.103356  


私は ぽん茶 - 2017/11/19(Sun) 18:11 No.103355   返 信

火から産まれた子供です

素足晒して歩きます

金の太陽 灼けた砂

歳は四桁になりましょう

瞬きせずに探します

冷たい夜の白い星

もしも私を見つけたら

歌を一曲聴かせてください

明日は2018年 1月1日

火から産まれた子供です

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -