詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

LIFE 小雨 - 2017/11/12(Sun) 23:54 No.103279   返 信
もう随分経ったなぁ
変わる景色 背は大分伸びた
でもまた少し縮んだ
忘れっぽい頭で遠い日を思い出した

匂いをかいだら
とても懐かしく
なんだか胸が潰されるような痛み
切なさという どうしようもない心

大切だったもの
思い出の中で笑う
手を伸ばしても
それが何だったかすらわからない

空を見て花と揺れ
日々はゆっくりと早く
あてもなく過ぎていく
空箱の記憶の中
かすかに匂いが残る

誰かのためにが
自分のためで
分かってるのに
譲れないことが多くて
本心は寂しい
わがままだったこと許してくれ

大好きなもの
抱きしめて離さぬように
生きることは
少しずつ失っていくこと

空を見て夢を見て
いつか土に還っていく
人はなぜ愛するのだろう
いつか忘れてしまうのに
長引いてた夜が終わった

空を見てキミと見て
いつか忘れてしまうだろう
それでも愛してしまうから
終わることさえ美しい
忘れないで、ここにいたこと
ありがとう巡り会えた。










以下 このスレッドへのレスです。

Re: LIFE まろふに - 2017/11/23(Thu) 22:50 No.103429  

Re: LIFE ふじりゅう - 2017/11/25(Sat) 17:19 No.103462  


ついに風の中 ふじりゅう - 2017/11/24(Fri) 09:08 No.103433   返 信
まるでわからないけど 空へとべそうだ

宇宙の外でゆられていたい 愛は見当たらないままに


薄氷のような君はただ、少しの事実を大事に見てた

景色はいつもモノクロで、筆圧はいつも強かった


超新星の中 温かい桜舞いあがる

強がりの世界の中 ありのままだと強がる

捨てる世界で龍が撫でられ 枕に思いをぶつけて

宙も宇も意味はなくなる 大きな風になる

元気でね
いつまでも


またあう時は
見下ろしてやろう

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ついに風の中 ひろ - 2017/11/25(Sat) 12:43 No.103450  

Re: ひろさん ふじりゅう - 2017/11/25(Sat) 12:56 No.103453  


無題 ひろ - 2017/11/25(Sat) 12:55 No.103452   返 信
心は永遠に尽きぬ夢の滴
永久に輝く私の夢とは光らず
小さな時の隙間に揺れる音とは輪廻
生まれ変われぬ苦悩に絶望した
迷いよなくなれ永遠に
それが尽きぬなら永久に輝く光と成れ
永遠に癒えぬ傷が有るのなら
それが鍵と成りえる
私は旅路の途中に永遠を得るが
答えは何処にも無い


夢想 佐野運平 - 2017/11/24(Fri) 02:22 No.103430   返 信
音から逃れた結果が
ラジオ電波であり
テレビ電波であり
パソコンYou Tubeの動画ではなかったのか
背に遺書が書かれて疲弊する
わての心は昭和天皇
本間に似ている訳でもないのに
銃殺刑を夢想して
1984年にタイムスリップした
冗談でしょうは禁句
情事が終わっていないが
ジョージオーウェル
名前は雅晴
大正天皇の生まれ変わりだ
ワイルドなシカを捕まえて
食べてやるだけだ

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 夢想 えんがわ - 2017/11/24(Fri) 18:52 No.103438  

Re: 夢想 佐野運平 - 2017/11/25(Sat) 03:25 No.103444  

Re: 夢想 ふじりゅう - 2017/11/25(Sat) 12:48 No.103451  

Re: 夢想 佐野運平 - 2017/11/25(Sat) 16:39 No.103461  


無題 ひろ - 2017/11/21(Tue) 10:54 No.103381   返 信
新たな時代の幕開け
誰もが諦めかけた頃
時代は終わらず
私は心を開ける
時は未だ新時代に成らず
欲を全て捨て去り
私の時代が産まれた
私は産後死にかけたが
生きて後悔する道を選んだ
時は止まり私に死に問いかけた
私は生まれながら死んだのだ
死んで産まれ時の流れに乗る
生きた後悔だけが始まり
死んで航海を続ける私は驕らず
ひたすら人の為に生きる
それが私の存在感
生きる価値を問いかける
死の行き先を問う者成り

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 無題 GROWW - 2017/11/21(Tue) 23:49 No.103393  

GROWWさんへ ひろ - 2017/11/25(Sat) 12:39 No.103449  


いつからか けんたく - 2017/11/24(Fri) 21:46 No.103441   返 信
空を見て泣いたのは
いつぶりか
嫌いなあいつが
僕を泣かせて
泣いた後、晴れ晴れしい気分で僕はその日寝た

無自覚な中学生の頃の僕は
机の前に座る少女に恋をした
理由もわからずに
僕は頭の中で妄想を繰り広げ続けた
そしてその妄想は銀河まで到達するくらいに壮大で
猫のメスですら恋をするほどロマンチックだった

いつからか
恋を忘れた
それで
道端に落ちている煙草の吸殻ほどどうでもいい女を
まずいコーヒーショップのカフェラテくらいのホテルに連れていくようになった

そんな風に世界はできているとある有名な映画監督の作品が伝えていた

青い夜
星が降る冬に
君をベンチで待って
そしてやってきたらすぐに抱きしめるから

そんな作品だった

以下 このスレッドへのレスです。

Re: いつからか ふじりゅう - 2017/11/25(Sat) 12:31 No.103448  

Re: いつからか けんたく - 2017/11/25(Sat) 21:54 No.103467  


ハロー ヒューマノイド 幻楼灯 - 2017/11/25(Sat) 12:22 No.103446   返 信
冷たい血液と
シリコンの心臓
生まれてきた不自然と
僕たちを取り替える

切り捨てられた過去へ
イメージのインプレッション
可逆性はスタティック
怒りを込めてデリートキー

ハロー ヒューマノイド
消して乱れずに
ハロー ヒューマノイド
いつまでも笑顔

滑らかな骨と
陶器のような四肢
与えられた不愉快を
僕たちに押し付ける

持ち越された未来へ
遺伝子のインプレッション
可能性はダイナミック
祈りを込めてエンターキー

ハロー ヒューマノイド
消して乱れずに
ハロー ヒューマノイド
いつまでも笑顔


全然禅 ヤエ - 2017/11/08(Wed) 21:12 No.103107   返 信
あなたと
あなたと
あなたと
その間に
わたし

わたしをフォーカス
アップに映すの
内側へ内側へ
目を向けて
わたしをちぎっていく
他人との違いをちぎりちぎり
最期に残ったものが
わたし?
アイデンティティー?

あなたと
あなたと
あなたの間に
やっぱりわたし

あなたたちをぐるり
見渡すの
どんどんと遠くへ
そのうち広がって
わたしは薄れていくのだけど

ポンデリングの真ん中
あなたとも
あなたとも違う
その場所に
そっとぼんやり滲んでる
あなたがいる所と
あなたがいない所の境に沿って
縁取った場所が
わたしなの

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 全然禅 佐野運平 - 2017/11/09(Thu) 01:15 No.103115  

Re: 佐野さん ヤエ - 2017/11/09(Thu) 20:06 No.103144  

ヤエさん おはようございます 芳賀凛 - 2017/11/10(Fri) 06:46 No.103160   <HOME>

Re: 芳賀凛さん ヤエ - 2017/11/11(Sat) 23:01 No.103236  

Re: 全然禅 えんがわ - 2017/11/23(Thu) 10:56 No.103423  

えんがわさん ヤエ - 2017/11/25(Sat) 07:54 No.103445  


名もなき丘の上で 西朗 - 2017/11/02(Thu) 20:49 No.103003   返 信


やわらかな風の巻く模様の中に吸いこまれ
濃い青が深いところまで光る
海に産まれてくるあらゆる襞を
風と共にぼくは丘から見つめつづけていた


秋の陽は木々の向こうに高々とあかるく
空の向こうの果実さえまるで膨らましているように思えた


古めかしい建物の上に
なにか不明な旗はつよく揺られ
この知らぬ丘にあっては懐かしい風が大きく
それをまるであなたのすべてから
解き放されていくもののようにぼくは感じ、
彩なす花々を何故に水のようにおもっていた


草の緑の茎の透き通った内部から
星と同じエネルギーが目くばせしながら
そこにあらゆる発光を揺らせていた
それは見えない動物がまるでそこに見えそうに
その者らがまるで新しい酸素を
そこに産み始めているみたいだった


すすきや黄金の色した雑草が
絶えない鐘の欠片達であるかのように
一斉に、それからどんどん大きく成るように
彼方からのような風鳴りが
大地の下の方からさわさわと始まって


まるでずっと待ちくたびれたような調子で
海へ向かって駆けだしていったのだ


名もなき丘の上で私の無くしたものは何も無かった
ただ静かに無くしていくための
心を自覚していく私が居た
そこに私の好きな花は咲いていなかった
けれど不思議なことに
そこには私の好きな花の匂いがあったのだ

































































































































以下 このスレッドへのレスです。

Re: 名もなき丘の上で  - 2017/11/02(Thu) 23:19 No.103004  

あ さんへ 西朗 - 2017/11/03(Fri) 00:29 No.103006  

Re: 名もなき丘の上で 木立 悟 - 2017/11/24(Fri) 23:19 No.103442   <HOME>

木立 悟さんへ 西朗 - 2017/11/26(Sun) 01:36 No.103474  


夢ノート えんがわ - 2017/11/20(Mon) 01:40 No.103370   返 信
妖怪パレード
夕暮れ時にまぼろし一つ二つ
どんどん増えてく
赤黒青黄
そこのけそこのけ逢魔が通る

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 夢ノート ヤエ - 2017/11/22(Wed) 23:09 No.103414  

Re: 夢ノート えんがわ - 2017/11/23(Thu) 10:58 No.103424  

Re: 夢ノート 佐野運平 - 2017/11/23(Thu) 11:04 No.103426  

Re: 夢ノート えんがわ - 2017/11/24(Fri) 18:44 No.103437  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -