詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

寸前のリン 佐野運平 - 2017/09/24(Sun) 00:25 No.102463   返 信
リンが田圃を作っていた
大好物のプリンを食べながら
ルーを蹴って居る
思うに恋人と別れたトラウマから
カレーを「彼ー」と変換して居るのかも知れない
田圃はじきに出来た
プリンも食べ尽くしたリンは
異様な雰囲気を感じながら
8月6日の原子爆弾投下日を想った
リンの修羅場は自慰で
自慰が現場苦見たいなものだった
リンの豆がマゾっぽくて苦悩する
リンが瓦解寸前である

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 寸前のリン 森田拓也 - 2017/09/24(Sun) 12:51 No.102473  

Re: 寸前のリン 佐野運平 - 2017/09/25(Mon) 01:24 No.102485  

運平さん おはようございます 芳賀凛 - 2017/09/26(Tue) 06:55 No.102502   <HOME>

Re: 寸前のリン 佐野運平 - 2017/09/29(Fri) 21:20 No.102556  

Re: 寸前のリン ラッシュ - 2017/09/30(Sat) 13:21 No.102572  

Re: 寸前のリン 佐野運平 - 2017/10/02(Mon) 00:13 No.102600  


PLAY TAKE - 2017/09/30(Sat) 02:28 No.102569   返 信
Let's play our life
ここからスタート
いつも二人
歩幅合わせて

遊ぶだけが
Playじゃないさ
紆余曲折
含めてPlayだ

今日ここで立てた誓いを
何が起ころうと守るのさ
孤独の涙をその頬に
伝わせる事はもうしない

I pray for your smile
祈るだけじゃない
確かなHappiness
作ってゆくんだ

僕の方が
長生きして
最期の時も
笑わせるんだ

当たり前という奇跡を
帰る場所がある奇跡を
些細なケンカもする奇跡を
明日から巻き起こすのさ

Let's play with our child
ここからそこまで
競走して
わざと負けて

いつの日にか
本気で走って
負けた時は
杯交わそう

I pray,play forever
I pray,play with you
I pray,play forever
I pray,play with you
I pray,play forever
I pray,play with you
I pray,play forever
I pray,play with you

I pray,play forever




結婚をテーマに作りました。
ディスコミュージックが最近のお気に入りです。


数と光 木立 悟 - 2017/09/29(Fri) 23:07 No.102561   <HOME> 返 信






三度に分けて呑み干す光
その日かぎりの地図にこぼれ
街はひとつ低くなる
空き地は碧くたなびいてゆく


わずかに曇った風が吹き
ふところに涼しく正座している
頬を染め 空を見つめ
目をとじ 空を花にする


光に頭を入れてころがり
背から次の光に触れる
昼が午後の花に落ち
午後の花が 午後に落ちる


光の壁が次々に倒れ
道に積み重なってゆく
霧の柱に立ちのぼる
どこかへ還りつづける群れ


流れは二色に練られている
触れては触れては消えてゆく
左目から去り 右目に生まれ
ひたいに光の輪を描く


降りそうで降らない曇を乗せ
まぶたは少し重くなる
見えない輪の影だけが
午後の手のひらに浮かんでいる





















パワー 亀吉 - 2017/08/08(Tue) 19:38 No.101793   返 信
思いやりとは重すぎて



僕はある日、アーティストと歌手の違い、というブログを見た。

歌手は、事を自分のことのように理解して説くというもの。

ある日、女学生が教室の白い壁にもたれて足を伸ばしきって泣いていた。

側に僕を含めた三人がいて、それぞれが皆自分のことのように彼女を慰めた。

そして止まらない、僕は涙をいつまでも聴いていた。

「歌手とは?」 彼女が問いかける前提に「私はアーティストだ。」と一言言っていた。

それからが大変で、

至らない、と云う自分に向けられたノイズが聞こえる。

僕は目の前の美しい雨より、様々なものを遮る目に見えたものにのめりこむ。

素直に泣くまで、それに至るまで時間がかかった。


人間は所詮、下位で

「感謝した生活さえあれば、気が変われたりするものだ。」

これを解くと

有とは無の事で、その存在の故に僕らに尊厳があったりする。

だから、怠けは、損厳。

それは嫌だと優しさがあったりする。

優しさに向かったりもする。


国旗のカラーであるが、それについて

「どんな赤?」という、ポエムを書いたことがある。

自分は白って答える人もいたし、

薔薇って言う人や

宇宙人が血の色ですと言うていたのを本で読んだ。

大人が

「僕は、いちごかな。」

と言って、理屈ではない者が手をつなぎ、歩いて行かれた。

ぼくは何にもわからなかったが

胸がきゅっと痛くて、それはいちご気分だった。


ずっと傍にいたのに。残す想いをこの手の平に。

空を見上げると晴れていた。





以下 このスレッドへのレスです。

Re: パワー 木立 悟 - 2017/09/29(Fri) 23:06 No.102560   <HOME>


無題 ろーじー - 2017/09/28(Thu) 00:38 No.102532   返 信
痛いのは生きてる証拠だって言う。
指を切って血が出たとか、膝をすりむいたとか、二日酔いで頭が痛いとか。
痛みって、色んなものがある。
誰かに心を傷つけられた痛み、誰かに殴られた痛み。
痛いと聞いてマイナスの感情しか頭を巡らないけれど、
私たちがこの世に生まれるときにも、お母さんは、それはそれは痛い痛みとともに、
命を産み落とす。
私たちは痛みのもと、生まれてくる。
そしてその産声で、十月十日の痛みは吹き飛ぶ。

痛いのは、生きてる証拠だって。
それは間違いじゃない。
痛いと思ったそのときが一番、生きてるんだって実感できるときだ。

だからリストカットをする人がいる。
でも、お母さんの痛みを思うと、あれほどまでに苦しんで産んでくれたこの身体に傷をつけるというのは、
それは自分がお母さんに傷をつけるのと同じ行為だと思う。

だから、もっとちがうやり方で、生きるということを実感してほしい。
たとえ身体が痛くとも、心が痛くとも、痛い思いをして産んでくれたその人のために、
傷ついたその足で一歩一歩歩いてほしい。
その踏みしめる一歩が痛ければ痛いほど、あなたは全力で生きているということだ。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 無題 ネン - 2017/09/29(Fri) 21:51 No.102559  


憧憬 ネン - 2017/09/02(Sat) 17:19 No.102086   返 信



きらきら光る目をした
五本足の生き物が
生まれたくなかったと
俯きながら言う

全て机上の空論であり
突発的な事故により
現実は容易く覆る
失敗することも往々にして

君は何か
ぶち壊されたいのか
何一つ満足に出来ず
罪悪感に苛まれて

辿り着けず
いっそ傷付けて欲しいのか
捗らない作業の最中
倦怠ばかりが膨らんで



以下 このスレッドへのレスです。

Re: 憧憬 木立 悟 - 2017/09/26(Tue) 21:16 No.102517   <HOME>

Re: 憧憬 ネン - 2017/09/26(Tue) 23:53 No.102524  

Re: 憧憬 あゆり - 2017/09/28(Thu) 22:09 No.102540  

Re: 憧憬 ネン - 2017/09/29(Fri) 21:45 No.102558  


バスにはもう乗りたくはない 西朗 - 2017/09/29(Fri) 00:48 No.102545   返 信


眠るたびに朝がくるなんて不思議だ
意味もないような場所で育っていって
判断よりも成長があるなんて
自らが
まるで草にでもなったようで
とても不思議だ


わがままな彼女が
笑ったのがとても不思議だ
野性味のあるレゲエの音楽に
アフリカの風と
強い太陽が
ときおり紛れこんできた


青空が狭いぶん
晴れ間をとても貴重におもえたのが不思議だ
赤いコートの女が
目を応援してくれて
ぼくが未だに
時間や距離を意識しているのが
やはりそれも
なにか不思議だ


トンビはどうして飛びながら廻るのか?
なんかあれ
とてもいいな
名前をつけたいくらいだけれど
やっぱりぼくはそれを
することをしないんだな


緑が吠えながら
燃えて行く情景を
確かあの秋にも見た


宇宙のいたずらは枯葉に
いともあられに刻まれていたけれど
あのときだって
今と同じだ
言葉なんて
なにひとつ
何処にも書かれていなかったんだから


ぼくはぐぁっ
と云って伸びあがるだけ
空より高くなろうとしてね


規則が
退屈に
人間の内部に
収まる気配がしたので


もうぼくはバスには乗らない
二度と
乗りたくはないんだ

























以下 このスレッドへのレスです。

Re: バスにはもう乗りたくはない 森田拓也 - 2017/09/29(Fri) 09:31 No.102550  

森田拓也さんへ 西朗 - 2017/09/29(Fri) 21:12 No.102554  


Cutting through Eleven - 2017/09/27(Wed) 22:18 No.102531   返 信
今の君にこの世界はどう見えているんだろう?
きっと、今は最悪な気分だろうから
綺麗には見えていないだろうな
オレはそれを知ってるよ
見たことがあるんだ
感じたことがあるんだ
経験したことがあるんだ

頑張ってれば、そのうちいい事あるさなんて
気軽に言う事はできない
全ての努力が報われるわけじゃないのを
知っているから
けど、オレはこうして言葉を並べてる
言いたいことがある

不幸は、情け容赦なく襲ってくる
まるで突風のように
止めることも、避けることもできない
けど、いつか全ては過ぎ去っていくものだから
大丈夫なんだ
いつか全ては過ぎ去っていく
まるで何事もなかったかのように

混沌としたこの世界
善と悪が入り混じっている
その気になれば
善人にだって、悪人にだってなれる
結局のところ
結末は変わらない
どう生きようが
いつか全ては消える

昨日、君に不幸が訪れた
為す術もなく
誰も君を助けはしなかった
オレはそれを知っている
見たことがある
感じたことがる
経験したことがある

今ここに君がいたなら
オレは言うよ
大丈夫だって
こんな事は前にもあったんだ








以下 このスレッドへのレスです。

Re: Cutting through はねひつじ - 2017/09/29(Fri) 00:14 No.102542  

Re: Cutting through 森田拓也 - 2017/09/29(Fri) 09:01 No.102547  


#のんき堂 春謎 - 2017/09/24(Sun) 23:09 No.102483   返 信
やったぁ 今次の のんき度ランキングも
堂々の第1位! これで 5回連続の トップ

どんだけ のん気 かって
(伝える)気力もございません って

例えば 世の中にゃ 算数の得意な人
算数は苦手でも 理科の得意な人 って
いるじゃありませんか
わたしの場合 得意な分野が のん気 って
ありえる?
だいたいそんなこと 証明すること自体 億劫でしょ

ことわざに「短気は損気」 そして
「のん気は得気」って ないかぁ

勉強してないわけじゃないよ
勉強するために 余計なことは決してやらない
部活もしてないし バイトもしてないし 
塾もしていない
あっ 寄り道だけは してた!

こんな わたしだから 他人からは かなり
いらだだしく思えるみたい  けど、
わたしは わたしの時間で わたしの尺で
わたしのタイミングで
コトを為すだけ それだけ

天気予報によると 明日は久々の晴れ みたいだけれど
そうですか 関係ないけど

のん気ですかーっ!
のん気であれば 結構できる!
いくぞー! 1!2!3! ぼーぅ!

以下 このスレッドへのレスです。

Re: #のんき堂 万人にとっての余所者 - 2017/09/28(Thu) 21:52 No.102539  

Re: #のんき堂 あゆり - 2017/09/28(Thu) 22:11 No.102541  

Re: #のんき堂 春謎 - 2017/10/09(Mon) 21:08 No.102690  


そそぐ しずか 木立 悟 - 2017/09/26(Tue) 21:17 No.102518   <HOME> 返 信




雨が空を噛みつづけ
小さな息をしつづけている
灰の線は明日まで到き
誰が引くのか 誰が繋ぐのか


避ける代償に傷を受け
午後にあいた穴からは
常に朝と夜が見えている
流れ出る銀と鉛と共に


夜は揺れ
朝が近い
傾きは浅く
地を擦る


空の端から地の端へ
金と緑の瀧が落ちる
石壁に斜めに刻まれた文字
いつか四つの数字に変わる


鳥も機械も近づかない
声は球く 空白となり
夕方が夕方を叩く音が
無音の水紋に色をこぼす


霧の棘が立ち
肌は曇る
仮名でなければ表せないもの
いつか暴かれ 消えゆくもの


街灯の光のこだまから
去りつづける背中が生まれ
水たまりを踏み 濡れながら
金と緑に遠去かる


眠くはない 苦しくはない
空は巨きな片目のまばたき
水の記号は絶えることなく
線の引き手に降りそそぐ



























以下 このスレッドへのレスです。

Re: そそぐ しずか ネン - 2017/09/26(Tue) 23:58 No.102525  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -