- 記事NO. 98701 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

涙の車輪  / 古明地ことり (fl1-122-133-99-230.tky.mesh.ad.jp) : 2017/04/20(Thu) 16:02 No.98701  
返 信
君に笑顔は似合わないよ? 
いつから、そんなに重い足音になったんだい?
君はいつも泣いていたね? ワンワンじゃなくてホロホロ泣いたね
誰も君の涙に気づかないね?

思い出したかな? 君の足音は小鳥の羽の重さじゃない。
誰にも気づかれない涙の重さ、君の右足の重さは右目からの涙。
君の左足の重さは左目の涙。
ほろりと流した涙が君の水車を回すよ。
涙の重さで回していた事を君は忘れていたんだね?

君の車輪はそんな強い力で踏んではいけないんだ。
涙の重さで歩こう。涙の重さで回そう。

誰も気づかないよ? いつか君の涙で皆は溺れてしまう事に

さぁ・・・ もう・・・ 笑えるだろう?
  

Re: 涙の車輪 西朗 (zaqdb7331d5.zaq.ne.jp) - 2017/04/20(Thu) 18:45 No.98705  


古明地ことりさん、初めまして。
読ませて頂いてとても優しく暖かな世界観
を感じてとてもよかったです。

文章の独特の言い回しも面白く
ついつい呑まれてしまった新鮮な詩でした。
ここに寄り添うものの目線がとても抱擁的ですね。
ほろっとするようでした。

ありがとうございました。
  

Re: 涙の車輪 古明地ことり (fl1-122-133-99-230.tky.mesh.ad.jp) - 2017/04/21(Fri) 11:16 No.98714  

明日、今日?4/21日に外出するので。 自分で自分に詩を残したくなって。 それで書いておきました。

私はもう、世界で一番の幸せ者だって心の底から言えます。

少し場違いかもしれませんが、ここに私の心の欠片を置く事をお許しください。
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード