- 記事NO. 98656 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

ルシファ−ズハンマ−  / 差羽ナガレ (p351079-ipngn5801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp) : 2017/04/19(Wed) 02:03 No.98656  
返 信
人差し指で作った拳銃で

自分の頭を撃つトラヴィス

あの国が赤く焦がれても

誰1人気にしないねマザ−

その手に隠した幸せを

取り溢してしまわぬ様に

優しく握り締めたなら

全ての罪は許されるだろう

どんな罰が待ち受けようとも

  

Re: ルシファ−ズハンマ− 西朗 (zaqdb7331d5.zaq.ne.jp) - 2017/04/19(Wed) 22:35 No.98681  


こんばんわ。映画「タクシー・ドライヴァー」ですね。
タイトルに惹かれるものがありました。
内容も今回は真っ向からという感じで
とても良かったです。

自らの人差し指の上に休息するちいさな悪魔に
語りかけるようなトラヴィスの孤独
それに印象的な笑顔を思い出したりしました。
  

Re: 西朗さんへ 差羽ナガレ (p351079-ipngn5801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp) - 2017/04/20(Thu) 01:02 No.98688  

こんばんは、題はハーレーがレース用に製作したバイク
「ルシファーズ・ハンマー」から付けました

トラヴィスは「タクシードライバー」からです

あの映画はラストに向かう行き場のない虚しさが全てですね

よろしくどうぞ
  

Re: ルシファ−ズハンマ− 西朗 (zaqdb7331d5.zaq.ne.jp) - 2017/04/21(Fri) 16:31 No.98717  


そういったバイクがあったのですね。
説明くださりありがとうございました。

現代にも続いてしまっている行き場のなさが
やはりまだリアルなままですね。人間の闇と虚しさを
真っ向から語りつくしたあの映画の手法が好きで昔
よく繰り返して観た映画でした。
それで一種セレモニーや鎮魂のようにも
この詩のことを感じていました。

映画であるからこそに許される、ほんとうの正当性と
その無軌道ぶりだったのでしょうか。

ありがとうございました。
  

Re: 西朗さんへ 差羽ナガレ (p351079-ipngn5801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp) - 2017/04/22(Sat) 01:07 No.98735  

こんばんは、終わりのないのが終わりだとするならあの映画は
延々と廻る孤独の様だと思います

よろしくどうぞ
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード