- 記事NO. 98640 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

星空のレコード  / ラッシュ (p174.net182021247.tokai.or.jp) : 2017/04/18(Tue) 21:14 No.98640  
返 信
流れ星の言い伝え
君は知っているだろうか

星が流れている間に3回願い事を唱えると願いは叶う

綺麗な言い伝え
3回願い事を繰り返している内に夜の空に消えていくのが現実だ

当たり前と思っている事には
実はそうではない事が多すぎて世界はそんな風に出来ている

私は子供ながらにそう思って星空を見上げていた


星空を見上げながら古いレコードを聞く
流れ星を探すよりもずっと好き

流されるピアノの音がずっと現実的で残るから

ヒトは毎日変わっていく
想いを力にする能力を天より授かったからだろうか

嬉しい事も悲しい事も力に変換する
ヒトが唱える理論は本当に正しい事を指し示せるだろうか

私は子供ながらにそう考えて星空を眺めていた


星空を眺めながら耳に残るピアノの音
誰かにも聞いてほしい

同じものを聞いて同じものを見て共有がほしいから

約束は曖昧な言葉
誰かのせいで私の大切なものだけを失いたくはない

傷だらけにするのは
決まって誰かの愚行によるものなのだから

私は子供ながらにそう感じていた


レコードの再生時間は過ぎているけれど
耳にはまだピアノの音が続いている

私は星空に両手を伸ばし呟く
「今日も長い夜になりそうだ」と
  

Re: 星空のレコード 西朗 (zaqdb7331d5.zaq.ne.jp) - 2017/04/19(Wed) 23:26 No.98685  


こんばんわ。星空とレコード、とてもいいタイトル
だと感じました。読ませて頂くと
ラッシュさんの早熟さを感じられてすこし驚きました。

にしても星空を観ながらピアノの音のきれいなレコードを聴く
というのはとても贅沢で素晴らしいこと
のように感じられました。
たとえ流れ星がなくとも。イメージが豊かですね。

全体的に静かでいて思索的でロマンティックな印象
を覚えてとても涼しい感慨、
いい体験をさせていただけました。
  

西朗さんへ ラッシュ (p133.net059085073.tnc.ne.jp) - 2017/04/20(Thu) 20:52 No.98706  

ご感想ありがとうございます。
今回(最近の2作)も、私らしくない感じを自分で受けながら、かなり「?」な印象を与えるのだろうと思っていましたので、私も驚き、嬉しく思っています。
ありがとうございました。
  

Re: 星空のレコード 初心者 (kd106160132154.ppp-bb.dion.ne.jp) - 2017/04/21(Fri) 21:26 No.98728  

読ませていただきました。

儚い流れ星に願い事を唱えようとすると、
現実的な話、願望はどうしても単語になってしまいますね。
「金!金!金!」みたいな(笑)

それはさておき、
ピアノの音色と、星空。
音色が人の意識を夜空にいざない、拡げて、
そこで静かに思考をしているイメージが湧きました。

繰り返される「子供ながらに」。
音楽と星空というのは、なにか、意識の宝庫という印象を私は持っているので、
この二つが合わされば
「子供ながらに」ひとときの賢人になることもできるのだと思いました。

あと、読み終わって、無性にプラネタリウムに行きたくもなりました。
ありがとうございます。
  

初心者さんへ ラッシュ (p161.net112139255.tokai.or.jp) - 2017/04/22(Sat) 09:48 No.98741  

「金!金!金!」(笑)
現実は実に素直な時代だと思います。

「意識の宝庫」いい言葉ですね。そう言われると、私も夜や夜に近い空間や時の方が、クリアな感じに包まれます。
子供ながらにひとときの賢人になることもできた子供が、本当の悟り世代になるのかも、と、ご感想を聞き思いました。
ありがとうございました。
  

Re: 星空のレコード DL-L (ntchba166048.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp) - 2017/04/25(Tue) 22:57 No.98842  

当たり前と思われていることに首を傾げる。
耳にした理論に「本当に?」と疑問を抱く。
移ろい消えてしまう「姿」よりも、最初から「姿」のない旋律のほうが素直に焼き付けられる。
どれも『子供ながらに』であり『子供だからこそ』の部分でもあります。

言葉をお借りしますが、確かにひとときの賢人。
読み終えて、何やら澄んだ心地になれました。

…昔、好きだった女の子(そこそこ育ちの良いお嬢様だと思っていた)が、林間学校で夜空を見て「カネカネカネ!(バリ早口で)」叫んでいたのを思い出しました…
子供ながらにブロークン・ハートだった記憶も思い出しました。
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード