- 記事NO. 104209 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

別れ  / ネン (kd106167215104.ppp-bb.dion.ne.jp) : 2018/01/10(Wed) 21:24 No.104209  
返 信



何を答えれば良かったか
分からないことが多過ぎて
去っていく人の背を
黙って見送っている

一人でも幸せになれる
その覚悟が胸を刺し貫く
もしかしたらという
ささやかな希望もない

何もかもが他人の為で
孤独な魂は救われない
独りで死ねという声は
果たして誰のものなのか

空が白々と明るくなる頃
一人で帰り道を歩いた
標も当てもない街中を
千年も前からのように



  

Re: 別れ 木立 悟 (fla1aae050.aom.mesh.ad.jp) - 2018/01/16(Tue) 21:41 No.104287   <HOME>




>独りで死ね

心地のいい言葉で
勝手に救われているものよりは
いさぎよいのかもしれません。



>千年も前からのように

ずっとずっと前
人が人になったときから
在りつづける想いかもしれません。


  

Re: 別れ ネン (kd106167215104.ppp-bb.dion.ne.jp) - 2018/01/18(Thu) 21:04 No.104293  

木立 悟さん

悲しくも嬉しくもなく、誰もが粛々と生かされるのだなあと、
ぼんやり感じています。感想有難うございます。
  

Re: 別れ 莉猫。 (softbank126022103008.bbtec.net) - 2018/01/20(Sat) 13:44 No.104322  

心の寂しさを捉えた詩で、置かれた環境の辛さが伝わってきます。人と関わらなくても幸せになるための道はある、しかし何処か孤独で寂しい。空が白々としているのは冬の霧がかった空と行き場のない気持ちを表現していてそれでも一人歩いている...
とても共感しました。
  

Re: 別れ ネン (kd106167215104.ppp-bb.dion.ne.jp) - 2018/01/21(Sun) 12:29 No.104331  

莉猫。さん

冬の寒さを漠然と感じながら書いていました。
拙い作ですが、共感したと書いて頂けて嬉しかったです。
有難うございます。
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード