- 記事NO. 103662 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

「君に似ている」  / 伊弉諾 雫 (202-215-193-9.tokyo.ap.gmo-isp.jp) : 2017/12/07(Thu) 06:16 No.103662  
返 信
大空を見上げて、青空を見つめて、その蒼さの中へ落ちてしまいそうだ
夜空を見上げて、星空を見つめて、その輝きからこぼれてしまいそうだ

人は勝手に、本当に勝手に、蒼さや輝きに意味や理由を持たせようとする

投影したそれらが心に響かなければ、無粋なモノとして断罪される

正確に、的確に。

時代が進むにつれて、より厳密にそういうものが測れるようにはなった

0と1の間の揺らぎも、そうやって埋められていくのは仕方のないことなのだろうか?

埋められていくのを拒めば、病という便利なコトバで処理される

大空を見上げて、青空を見つめて、その蒼さの中へ落ちてしまいたい
夜空を見上げて、星空を見つめて、その輝きからこぼれてしまいたい

悲しみに似た、柔らかな静寂に、一人、伝える術も持たず佇んでいる
悲しみに似た、柔らかな静寂は、肉体の中にある、形のない確かなものをそっとほぐしてくれる

空や星は、冷然と遙かなる時空を超えてなお、人には変わらないものと知覚される

それすらも、人が勝手に、本当に勝手に、自らの想像力の範囲内で納めるために決めつけただけのもの

「わからない」と素直に呟いた時に、瞳に映る見上げた空は、変わり続ける、君に似ている
  

Re: 「君に似ている」 アンジェロ (kd182251251049.au-net.ne.jp) - 2017/12/08(Fri) 11:53 No.103687  

星空のイメージが鮮明に頭に浮かんできました。

人は自然の尊さ、いとおしさをいつしか忘れてしまうのかもしれませんね。

僕らもその1部だと思いましたよ。
  

Re: 「君に似ている」 伊弉諾 雫 (202-215-193-9.tokyo.ap.gmo-isp.jp) - 2017/12/09(Sat) 08:29 No.103694  

アンジェロ様

コメントいただき、ありがとうございます。

自然の営みの中で、アンジェロ様がおっしゃってくださったように生きていければ少しは優しくなれるのに、と思いながら書いたのでとてもうれしいです、重ねて、ありがとうございます。

おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード