- 記事NO. 102702 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

すれちがい  / まつもと (host153-143-22-70.tvm.ne.jp) : 2017/10/10(Tue) 13:05 No.102702  
返 信



あなたは優しい人だから
きっとその言葉に嘘はない
わたしはひねくれているから
あなたを信じきれない

ぼくは不器用だから
きみが欲しい言葉をあげられない
ぼくはできない
きみの心を完璧に奪う
その言葉ひとつさえ
発明することができない 

わたしの目を見て
あなたの知らないあなたさえ
わたしには見えてしまう
そんなのただの虚像なのに
わたしが勝手に作った虚像なのに
わたしは怯えてしまう

ぼくの目を見て
そうしたら、わかる
嘘じゃない
きみはぼくの心まで覗こうとする
ふとした小さな隙間から
ぼくはできない
きみの心を覗くことができない

ねえ、いま目が合っているよね?
わたしの目の中にあなたがいるよね?
ぼくの目の中にきみがいるよね?



  

Re: すれちがい 森田拓也 (pd2ae1aa0.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp) - 2017/10/10(Tue) 19:10 No.102704  

まつもとさん、こんばんは

大切な人への、大切な気持ち故への、
その人との心の交流の不安感が描かれていますね。

たしかに、そうですよね。
人間って、大切に愛してる人だからこそ、
その人との心の遠い距離感を感じてしまうっていう。
とても共感します。

でも僕は思うのですが、その大切な人は、
たぶん、この詩の主人公を表面的なそんな浅はかな価値観では
見ていないと思います。

だから、大切に思う人のことは良い意味で気楽に信じてあげて、
また、大切な人からも安心して信じてもらったら良いと思います。
  

Re: 森田拓也 さん まつもと (host153-143-22-70.tvm.ne.jp) - 2017/10/11(Wed) 18:36 No.102718  



コメントありがとうございます

素敵なアドバイスをありがとうございます
たしかにそうですね
気楽にいた方が2人の関係が
より良くなるのかもしれませんね
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード