- 記事NO. 102698 スレッド全文 / 前のページへ戻る -

ひとつ のばす  / 木立 悟 (fla1aad091.aom.mesh.ad.jp) : 2017/10/09(Mon) 23:33 No.102698   <HOME>
返 信





触れれば雨の刃
稲妻の涙
ところせましと息ふきかけて
影の無い真昼に指を降ろす



暖かく 冷たく
慈悲もなく 是非もない
ひとさしゆび
ひとりの入れ物



雨また雨
空に立つ空
はざま はざまに
ひらくかたちたち



朝は流れ
こがねは流れる
朝のどこにも
残す跡もなく



手をつなぐものたちの
手だけが曇に映りゆき
埋立地に散在する 真昼の玩具の家々に
夕暮れが少しずつ近づいてゆく



こちらには虹 そちらには霧
人は短く 花は永い
明るく渦まく金緑のなかに
何かが再びまたたきはじめる



手櫛の銀河
水を追い
弱者の軌跡
陽をちりばめて



曇を背負い 羽ひろう径
降りつづける夜をかき分けながら
空を貫くひとつの指の
無数の影をかいま見る
























  

Re: ひとつ のばす ネン (kd106167215104.ppp-bb.dion.ne.jp) - 2017/10/10(Tue) 21:53 No.102707  

何かに触れようと伸ばされる指が、
見えたような気がしました。
恐らくその存在が大き過ぎて、
何の為なのかまでは分かりませんが、
のばす、ということを意識させられます。
  

Re: ひとつ のばす 木立 悟 (fla1aal057.aom.mesh.ad.jp) - 2017/11/12(Sun) 07:17 No.103247   <HOME>



>ネンさん

つらぬくもの
たたずむものと
その周囲の時間かもしれません。


感じていただき 
ありがとうございました。


おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ 
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード