[掲示板に戻る]
過去ログ[304]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[101249] ナイチンゲール 投稿者:ネン 投稿日:2017/07/08(Sat) 17:44



今変わるということが
無性に愛しくて
去ろうとするものが
何故か皆寂しくて

キッチンの空き缶
ばらばらの靴
カーテンの向こうの
夏の夜は静まり返る

世界が明日滅ぶとしても
今花が咲いている
それだけのことを告げる
寝ぼけた小鳥の羽ばたき

やがて朝がやって来る
不協和音を聞き取れない
ひどい音痴で
声ばかり張り上げながら



[101249へのレス] Re: ナイチンゲール 投稿者:ひろ 投稿日:2017/07/09(Sun) 20:54
何気ない言葉の中に生活観を感じ、また同じ事の繰り返し、何故か世界観を感じます。
[101249へのレス] Re: ナイチンゲール 投稿者:ネン 投稿日:2017/07/10(Mon) 21:55
ひろさん

感想有難うございます。
当たり前のことしか書けないのです。
気が向いた時にでも読んで頂けると嬉しいです。
[101249へのレス] Re: ナイチンゲール 投稿者:木立 悟 投稿日:2017/08/30(Wed) 22:49 <HOME>


終わりは終わりではなく
移動のようにも感じます。


薄皮一枚だけ隣りあった別の場所で
はじまりは終わることなく
はじまりつづけているのかもしれません。


[101249へのレス] Re: ナイチンゲール 投稿者:ネン 投稿日:2017/09/02(Sat) 16:59
木立 悟さん

今読んでいる小説でも、やはり死ぬこと(終わり)を移動と表しています。
終わり以上にはじまり続けて、はじまりで飽和した世界を思いました。

[102081] 惡の華 投稿者:おデブ 投稿日:2017/09/02(Sat) 10:05
私の中の惡の華よ咲いてくれ
強く生きろと咲いてくれ
あなたの乱れた姿が見たいと
あなたを傷つけてしまいたいと
私の中の惡の華よ咲いてくれ
惡の華が綺麗に咲いていく


[102080] 間(はざま) 投稿者:Nakajima 投稿日:2017/09/02(Sat) 01:49
身体の傷は 精神のせいにして
今日も ふらふらと ふらふらと
頭の中を彷徨う もう一人の自分
人間って ヒトって何だろう

痛いという感情を 精神のせいにして
今日も 彷徨う 頭の中のもう一人の自分は
頗る元気で 肉の塊に 生きていると 脳髄に訴える
生きてるって 死んでるって 何だろう

秋の夜を見上げる 雲が月の邪魔をしている
タバコの煙が 乾いた風にさらわれて
脳髄が肉の塊に ウイスキーを飲ませる
一応 動く肉に感謝を してみることにする

[101994] ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:ラッシュ 投稿日:2017/08/23(Wed) 20:53
こんにちは
久しぶりだね
季節が最低1周以上はまわってしまったけど
あなたは元気にしていた?
そしてあなたはわたしを覚えている?




きっとあなたは
「覚えている」と答える

加えて言えば
「忘れた事はなかった」

「会いたかった」と


そう言うと思う


だからこそ意地悪になってしまうような質問をするね


本当に私を覚えている?


目を瞑って


記憶をしっかりと手繰り寄せて


あなたから見た私は何色だった?

情熱的な赤?
知的を漂わせる青?
ただただ明るい黄色?
マイペースで不思議そうな緑?

それとも言い表せない程の激しい色合い?


「好き」という言葉は使ってはいないけど
そういった感情を含んでいたとしたら

そんなに難しいとは思わないけど



まだ目は瞑っていてほしい

あなたが認識した私が私かどうか確認しよう


私とあなたの口と口を交わして

思い出してみて






まだ目は瞑ったままで


私はそこに居ましたか?

手繰り寄せた記憶と口づけの先に居ましたか?



目を開けて

その先の私は“わたし”ですか?



正解ならハッピーエンドになるけれど


わたし達は本来、変わりはない
そこに自分好みの色が塗られ認識して感覚を得ていく

だからあなたが間違えても仕方がない


冷たい言い方をすれば
そこまでの関係だったという事

思い出深く言いのであれば


ひと夏の恋



寂しそうな顔はしないで

また縁があれば逢いましょう
[101994へのレス] Re: ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:佐野運平 投稿日:2017/08/23(Wed) 21:09
フレンドリーな調子ですが、ひと夏の恋はやはり深刻そうですね。
[101994へのレス] Re: ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:DL-L 投稿日:2017/08/24(Thu) 09:24
赤いシロップもサイケなブルーも黄色も緑も、目を閉じて口にすると味の区別がつかない。
確かに刹那的な感情に例えるとしっくりと当てはまりますね。頭痛のタネになるところも…笑

裏を考えると、目に見えない区別をつけられない感情を恋愛感情や友情だと認識しているとしたら、
それは本当に特別な恋愛感情?本当に特別な友情?すぐに形がなくなって混ざってしまう感情じゃないの?
…と、問い掛けられているような気にもなりました。
ありがとうございました。
[101994へのレス] Re: ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:TAKE 投稿日:2017/08/25(Fri) 00:36
本当に好きな相手なのか、その場のノリで作り上げた関係なのか
無責任な愛ほどドキドキするもので
始末に終えないものですね
[101994へのレス] Re: ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:night owl 投稿日:2017/08/25(Fri) 18:36
詩として格段によい作品になってますね。書き続けることのすごさを感じました。色のところも○○みたいなという箇所の例えがいいし、流れも非常によかったです。

内容はなんとなく尋問されてるような、(でもちょっと可愛いけど)追い詰められてるような。でも書いてるほうが本当は忘れられずにいる、ということを感じますね。

夏はどうでしたか。充実していましたか。とても暑いので自愛下さいね。
[101994へのレス] Re:佐野運平さんへ 投稿者:ラッシュ 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:05
フレンドリー感は、ちょっと他人事のような感じでしょうか?
恋をしてしまったら、夏でも冬でもどこでも、深刻かなと思います。
[101994へのレス] Re: DL-Lさんへ 投稿者:ラッシュ 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:10
「頭痛のタネ」、いい表現ですね。
感情の認識、難しく、考えていけば考える程、はまっていきそうですね。下手な事はなしで、ただ直感!!が押し通す事が、本当の、かもしれないですね。
[101994へのレス] Re: TAKEさんへ 投稿者:ラッシュ 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:13
一目惚れが特にそうですかね?
その場ののりが、心赴くままなら、ある意味、純かもですね。
[101994へのレス] Re: night owl さんへ 投稿者:ラッシュ 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:18
お言葉ありがとうございます。
「でも書いてるほうが本当は忘れられずにいる」、お見通しですね。
夏は、急な責任に追われ、本当に追いたいと思えるかもしれないモノも追えずにいます。
[101994へのレス] Re: ひと夏の思い出‐かき氷味‐ 投稿者:森田拓也 投稿日:2017/08/31(Thu) 20:53
こんばんは。

恋愛での心の感情の揺れが深い葛藤を伴いながらも、
微笑ましい描写で描かれていますね。
僕は恋愛は女性+男性=2のその2という答えを、
二人で楽しみながら協力して色彩変化させていくものだと
感じます。
僕のその恋愛観と共通する感性をこの詩に感じましたね。
良い恋愛を楽しんでたくさんして下さいね。

[102061] 「最後の戦い」 投稿者:まんねんぐさ 投稿日:2017/08/30(Wed) 16:01
最後の戦いの
火蓋が切って落とされた
やがて恐ろしい
最後の兵器は火を噴き

多くの人を
死に追いやるだろう

兵器はは火を噴いた後も
眼に見えぬ毒を
世界中に撒き散らし

地球上の生き物の
全ての生命を奪うだろう

この戦いに
勝者も敗者もない
お互いに傷つき
朽ち果てるまで
戦いは終わらない

驕る指導者は
安全なところに居て
兵士をゲームの駒のように
使い尽くす

死に逝く兵士は
盤上の駒

しかし
そんな指導者もまた
自らが放った
兵器の毒に侵され
得体の知れぬ病に
蝕まれ死ぬだろう

そして草一本生えぬ
荒野に風が吹く

人間の愚かを
嘲るように
風が吹く

[101522] キリエエレイソン 投稿者:ネン 投稿日:2017/07/23(Sun) 05:08



仕様のないことを
抱えきれずに
砕けて飛び散った
人の心だったもの

母はいつも
死なない程度の毒を盛る
苦しめるのが好きなのは
愛しているから

花嫁は嘘つきで
裏切ることしか知らない
誓いが守られることさえ
誰一人信じていない

死というサイクルが
何も浄化しなくなって
滅びを許せない人々は
やがて歌い始めた


[101522へのレス] Re: キリエエレイソン 投稿者:差羽ナガレ 投稿日:2017/07/23(Sun) 17:36
こんにちは、等しく平等である死がその価値を失くしたならば
生もまた価値を失くすのかも知れませんね

よろしくどうぞ
[101522へのレス] Re: キリエエレイソン 投稿者:ネン 投稿日:2017/07/26(Wed) 22:20
差羽ナガレさん

生に価値がなくなった世界で生きてみたいです。
私は気ままに流されるだけでしょうが、
人々は何をし始めるのでしょうか。
感想有難うございます。
[101522へのレス] Re: キリエエレイソン 投稿者:木立 悟 投稿日:2017/08/27(Sun) 19:45 <HOME>

>やがて歌い始めた

この歌が
癒しや安息ではなく
ほんとうの救いへの希求であることを願います。


Popol Vuh -
Kyrie (kyrie eleison)
https://www.youtube.com/watch?v=dDjWtN4djvs


Popol Vuh -
Hosianna Mantra
https://www.youtube.com/watch?v=fQHto60cDFA

[101522へのレス] Re: キリエエレイソン 投稿者:あゆり 投稿日:2017/08/28(Mon) 16:30
私は的はずれなことを言っているかもしれません。
すみません。

浄土宗では「物事に執着しすぎることなかれ。それが苦しみを生む」という言葉があります。

生きていくうえで、いい加減さも大切なのかな…と思ったり。

でも、木立さんの仰る通り、歌がすがるものでなく、
人の中の希望を灯すものであってほしいと思いました。


[101522へのレス] Re: キリエエレイソン 投稿者:ネン 投稿日:2017/08/29(Tue) 22:20
木立 悟さん

人々の罪深さから、救いを求める歌があって、
神様はきっとそれを見ていて下さる、
というような漠然とした認識をしています。
生身の人間には見えない所で、
奇跡は今も起きているのかもしれません。
そうだといいな、と思います。

知らないバンドでした。有難うございます。


あゆりさん

どんな人も、欠点と長所があるなら、。
時たまはぐらかすことも、人生には必要でしょう。
私もそう思います。
拙い作に感想有難うございます。

[102049] 不合格 投稿者:ひつじ 投稿日:2017/08/28(Mon) 22:12
再提出を申し出た
何度も同じ間違いを

枯れるくらいの導く声に
地図を見ながら光を探した

強い自分は意味なくて
硬いものは何も包めないと知った

いろんな形を試してみたが
そういうことじゃないんだな

天秤にかけていた物は何だったのか
変われない僕は不合格だった


初めて刻んだ刺青は
いつまでここにあるのだろうか

[102040] 無題 投稿者:あゆり 投稿日:2017/08/27(Sun) 21:59
あゆりは ひねくれてるから、彼女たちの純粋さに目が行き届いていないのだ。彼女たちが頑張って、結果を出して、喜びを分かち合っている。それで良いはずなのだ。
しかし、あゆりは その裏でこの大きな舞台を企画した人たちが、彼女たちを明らかに特別な存在として取り上げている気がして、虫酸が走ったのだ。

あゆりは、彼女たちのことをよく知らないくせに、彼女たちの これからを想像した。ひねくれた脳みそは特別扱いを拒絶するが、その逆もまた然り。
「きっと彼女たちは“懸命”だけで生きたりはしない。うざったい人間関係にも強かに、そしてしなやかに対応して、年を重ね感性を磨いていくんじゃないか。」
「なんだ割りと私と同じじゃないか」
あゆりは言いながら、クスリと笑った。気づけば頭も冷めていた。


もちろん、これだけの一致など(勝手な妄想なうえ)微々たるものだが、ひねくれものが自分と一緒を見つけて喜べたのは、大収穫だった。それについて、また考える必要があった。
 
[102040へのレス] Re: 無題 投稿者:night owl 投稿日:2017/08/28(Mon) 21:14
なるほど、って思う箇所がいくつもあって、いいなと思いました。構成とかテーマとか新しいものに挑戦してるのかなとも感じます。
それについて、また考える必要があった、ここがいいですね。これがあるのとないのでは、かなり違うのではないかなと。
またどんどん書いていってくださいね。
[102040へのレス] Re: night owl さんへ 投稿者:あゆり 投稿日:2017/09/03(Sun) 20:46
感想ありがとうございますm(__)m
色々、挑戦中です。少し勇気がいりますね。
でも、書けたらできるだけ出そうと思います。

ありがとうございます。

[102035] 無題 投稿者:弥一 投稿日:2017/08/27(Sun) 15:24
何もかもが消えてなくなれ
そう願ってしまうことさえ今でも変わることはない
身体のだるさも、嫌という程襲い掛かるこの強い眠気も、依存しすぎたピアスも、何一つ変わらなかった
変われなかった
私は許されたかったのか、許したかったのか
果たしてどちらだったのだろう
もう自分を守ることにも疲れてきた
まあいい
そんなことより今はこの眠気の導くままに
[102035へのレス] Re: 無題 投稿者:あゆり 投稿日:2017/08/28(Mon) 16:21
最近、眠りの質が悪い私です。
なんだか、共感できます。

きっと、気が張りつめているときは、許すことも、許されることも難しいのかもしれません。それは生きていく上でとってもしんどい事だと思います。

どうか、良き眠りを…


[102043] 忘愛症候群 投稿者: 投稿日:2017/08/27(Sun) 23:29
傷がつくと言うけれど
貴方が思うほど私は弱くない
傷をつけたいと言うけれど
それを許したところで
貴方にその勇気はないでしょ

私はよく貴方に手紙を送ったけれど
あなたはそれを読んだこともないでしょ
どうせそれと同じ事なのよ
貴方はいつ私に愛想を尽かされるか
ドキドキして読めなかったんでしょ

貴方が私を忘れてから
医者が私にこう言ったわ
“この病気は治りませんね”
私は笑って言ってやったわ
“そうですか”
って言ってやったわ

何だったかしら,貴方がよく書いていたもの
確か私が死ねばあなたの記憶が戻るんだったわね
馬鹿らしい話だわ
最愛の人が死ねば記憶が戻るだなんて
馬鹿げた話だわ
自分が最愛の人だとでも思ってるのかしら
…そう言えばこの病気は最愛の人だけを忘れるのね
なんて都合がいいのかしら

貴方に送ったお手紙
破り捨てていいかしら
どうせ読んだところで何も変わらないのだから
貴方が私につけた傷も
全部癒えてしまったから
あなたと私を繋ぐものを全部消してしまいましょ?
この世界は貴方の空想だから

「新しい作品ができたよ」
「そう,よかったね」
「今度こそ100いいねを取るよ」
「がんばりや,応援しとるよ」

あの病気,なんて言ったっけ