詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

ゆくえ たなびき 木立 悟 - 2017/09/16(Sat) 07:23 No.102296   <HOME> 返 信





忘れられた日蝕の昼
川のなかにだけ映る布
川のなかだけを歩く影が
立ちどまり ふと振り返る


点いては消える午後の辺から
何かを引きずる音が降り
やさしいかたちの羽虫の群れ
曇を高みへ持ち上げてゆく


遠雷と遠雷が交わす言葉
囚われるものが見る金の霧
歌う氷山
歌わない氷山のはざまに満ちる


最も高い波の端に
指と花のかたまりがあり
くりかえし 泡の横顔に
降りそそぐ


蜘蛛の壁をよじのぼる陽
影の作る輪が朝になり
双つの星を巡りながら
巨大な肋骨の化石をくぐる


花に花は無く
葉に筆は無い
それがこの章の結末なのだと
目のなかの羽に記されている


破られ 踏みつけられた水布が
未来の国旗へと変わるとき
天と地の顎は閉じられ
無数の神々の首がころがる


求めても求めても得られぬ真の名
振り返るものたちの震動が
花を植えるもの 摘むものの背を
金の霧笛に変えてゆく

























以下 このスレッドへのレスです。

Re: ゆくえ たなびき なかほど - 2017/09/21(Thu) 07:48 No.102414  


まぶや まぶや なかほど - 2017/09/21(Thu) 07:41 No.102412   返 信
  

ちゅらさ ちらす ちらさ
  (美しさ 散らす つらさ)

笑って 
と三度繰り返した後
泣き出したのは
どっちだったっけ

まぶや まぶや



ちらさん ちゅらー ちらさに
   (つらさも 美しく 散らそうか)

さっきから笑ってるよ
とつぶやいた後
黙ってたのは
どっちだったっけ

まぶや まぶや



ちらさ ちらすん ちゅらー
   (つらさ 散らすも 美しい)

光に向かい
その手を伸ばすも
明日の自分へ
一歩踏み出すも
すべては心の決めること

まぶや まぶや


もう無理して笑わなくてもいいから

まぶや まぶや



ちらすぬ ちらさん ちゅらー
   (散らす つらさも 美しい)

俯いた顔を持ち上げて空を見上げたのは
どっちだっけ
それから笑いはじめたのは
背を伸ばしたのは
歩きだしたのは
そして
優しく振り返かえるのは
どっちだったっけ

まぶや まぶや


まぶや まぶや

ちゅらさ ちらす ちらさ 

ちらさん ちゅらー ちらさに 

ちらさ ちらすん ちゅらー 

まぶや まぶや

ちらすぬ ちらさん ちゅらー 

やさ

まぶや まぶや








******************
「まぶや まぶや」:まぶい(魂・肝)を抜かれませんように(おまじない)。

以下 このスレッドへのレスです。

森田さんへ Re: まぶや まぶや なかほど - 2017/09/21(Thu) 07:46 No.102413  


水路の鯉 柳沢 - 2017/09/07(Thu) 18:46 No.102151   返 信
墨のように黒い流れに
一筋の黄金が走った

水面を叩く音がして
奴が身を翻した

水中に砂埃が舞って
奴は進む

藻を破り ゴミを押しのけ 
ついでに小者も押しのけて
厚いひれで辺りを蹴散らし 
奴は進む

傍若無人なその振舞い
賛否両論あったろう
しかし奴は王だった 用水路の王だった
暴君と言えど王だった 
たった2年の間だけ 流れを治める王だった

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 水路の鯉 なかほど - 2017/09/21(Thu) 07:40 No.102411  


憂鬱なbomber(ボマー)  - 2017/09/05(Tue) 04:53 No.102129   返 信
憂鬱なボマーは爆弾を作らない
憂鬱なボマーは空き箱を眺めている

憂鬱なボマーは極端な人嫌い
憂鬱なボマーは空き箱で遊んでいる

クソつまらない人生に
クソつまらない人間が付いて回る
クソくだらない瞬間に
クソ面白い爆弾を仕掛けるのさ

憂鬱なボマーは手段を考える
憂鬱な心へどうやって火を付けるかを
 
憂鬱なボマーは通販を頼んだ
憂鬱な事だと思ったが窓に青空が覗いた

憂鬱なボマーは爆弾を作り始めた
憂鬱なボマーはその時が来るのを今か今かと

待ってる 待ってる 待ってる

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 憂鬱なbomber(ボマー) とっきー - 2017/09/10(Sun) 02:14 No.102174  

Re: 憂鬱なbomber(ボマー) DL-L - 2017/09/13(Wed) 13:13 No.102239  

Re: 憂鬱なbomber(ボマー) こし夜 - 2017/09/20(Wed) 18:52 No.102402  

Re: 憂鬱なbomber(ボマー) 万人にとっての余所 - 2017/09/21(Thu) 00:51 No.102409  


リンゴ 万人にとっての余所者 - 2017/09/14(Thu) 21:18 No.102277   返 信

僕の頭が20メートル飛んだ。
僕は依然として無表情だった。
砕けないだけまだマシだ。
スイカじゃないだけよかった。
あんな割られ方はしたくない。

手持ちのカメラで
リンゴを打ち上げる動画を作ろうなんて
アイツが言い出したのが最悪だった
僕の頭がリンゴになっちゃったのを
知ってて
やるんだから始末に負えない。
リンゴの目の前でリンゴが飛ばされるのが
面白いと思ってやがる。

そのうちエスカレートして

電車の線路の上や
校舎の高い窓
薄暗い樹海の奥
冷たいベッドの上
焼け焦げた車の中で

奴はリンゴを撮ろうとするだろう。
リンゴで獲った広告費で
奴はリンゴを粉々にして
甘い汁を吸ってやがるんだ。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: リンゴ 差羽ナガレ - 2017/09/14(Thu) 23:55 No.102280  

Re 差羽ナガレさんへ 万人にとっての余所 - 2017/09/21(Thu) 00:46 No.102408  


さようなら賛歌 夏野ほたる - 2017/09/20(Wed) 19:11 No.102404   返 信
皆さんこんばんは 時刻は夕方17時です
さようなら賛歌の時間です

至る所に設置されたスピーカー
無理矢理に明るい声の女性が始まり告げる
サッカーしてた子供たちも校庭の真ん中のスピーカーに夜中の街灯のぴかぴかに誘惑された虫たちのように集まり歌い出す 

"さようなら さようなら
暗い気分にさようなら 嫌な気分にさようなら
さようならは世界の終わりと世界の始まり
素晴らしい世界はさようならから
無駄なものはさようなら"

「こんにちは世界」
学校の屋上から男の子が飛び降りて 素晴らしい世界とさようなら 
詰め込まれたナショナリズムはバラバラに
お母さん そんなに泣かなくても大丈夫 息子さんは嫌な気分とさようならしただけですよ なんにも悲しむことはありません あなただって辛いことには早くさようならしたいでしょう 校長先生悪気のない顔で励ました

さあ息子さんにはさようならして せっかくテレビの取材が来てるんだから歌いましょう さようなら さようなら 報道陣が詰めかける 息子さんは何が嫌になって自殺したんですか?どうして嫌になったんですか?そもそも育て方は正しかったんですか?逃げないでください何かやましいことでもあるんですか?おーい、おーい

母が異常だと呟いた声は 群がる虫たちのうぶ毛を揺らしただけで すぐにかき消された 息子の皮肉も誰にも届かなかった 息子だったものをさらに叩きつけるカメラのフラッシュ音と鳴り響く大合唱
"さようなら さようなら"
"無駄なものはさようなら"


住人 こし夜 - 2017/09/20(Wed) 18:52 No.102403   返 信

炭酸水の
つぶつぶが
ブツブツ
何か言っている
レモン汁が
透明だった液体を
薄く黄色にしている
酸味が
のっぺりした液体を
ピリピリにしている

くるくる回る
換気扇のプロペラが
ウ〜ウ〜
何か言っている
白い塗装が
禿げかけている
呻き声は変わらない
白い時も
銀の時も

夜になり
その住人は窓を開けて
過ぎた時間と
吹いている風の種類を調べる

炭酸水と
換気扇のプロペラが
何か言っている

住人は炭酸水を飲みほし
換気扇のスイッチを切る
しかし
どちらも鳴り止まなかった

住人は窓を閉め
とにかく落ち着こうと
トントンと胸を叩く

外では相変わらず
雨風豪風であったが
住人にそれらは
聴こえなかった






風穴 ネン - 2017/09/20(Wed) 18:40 No.102401   返 信



篠突く雨の中
懐かない猫のように
支えを持たない
一人ぼっちの暗がり

水を透かして
冷たい風が吹き荒れる
厳かに告げられる
別離と出会いのよじれ

悪魔と天使が手を取り
己が片割れに気付く
音ではない歌が響き
祈る内に夜は更ける

めいめいに思い耽り
沈黙の深みに落ちながら
やがて来る朝の為に
もう誰も何も嘆かない




夏を終わらせるような雨 ケンタロウ - 2017/09/20(Wed) 18:37 No.102400   返 信
夏は終わる
告げる雨
流れる水の
美しさよ

岩にあたり
私はそれを
じっと見ている
考えず
何一つ

花は咲き
音は響く
私は歩き
感じている
私の信じるものを

秋の風が
新しい心を
連れて来る


風向き 雫依 - 2017/09/18(Mon) 00:07 No.102354   返 信
右に揺れ、

左に傾き、

最終的にあなたにもたれる。

花びらすら忘れた、根のない花束。

以下 このスレッドへのレスです。

雫依さん おはようございます 芳賀凛 - 2017/09/20(Wed) 04:49 No.102389   <HOME>

読ませていただきました。 ケンタロウ - 2017/09/20(Wed) 18:34 No.102399  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -