詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

人生 万人にとっての余所者 - 2017/08/11(Fri) 15:59 No.101825   <HOME> 返 信

君は小さなコマの上で
四つ足をほっそり尖らせている
U字のフォルムをピリピリした
緊張で維持して
コマの上でほっそり尖らせている

なんて鋭い四つ足なんだ
ヒールの踵を揃えたような
芯ある強さの四つ足だ

君はパンダになりたかった
だが今は
スリムテーパード象のみなしごである

思ってたのと違うって思うのだったら
小学校からやり直してこい

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 人生 亀吉 - 2017/08/19(Sat) 02:35 No.101925  


孤立した島 陽向 - 2017/07/06(Thu) 12:04 No.101201   返 信


孤立した島で一人で生きて
自分の為だけに世界があるんだ

無限を追ってここに辿り着いた
ここはとても寂しいところ

君は怖い目で僕に聞いてくる
「僕のどこがいいんだ」と

僕は君のことなど
どうでもいいのかもしれない

僕はとても寂しくて
君の無限と僕の無限が重なって
君と話すという感動を味わいたいだけだと思う

孤立した島で一人で生きて
僕は今日も無限を追っている


以下 このスレッドへのレスです。

陽向さんへ 古明地ことり - 2017/07/06(Thu) 12:35 No.101202  

古明地ことり 陽向 - 2017/07/21(Fri) 21:58 No.101489  

Re: 孤立した島 木立 悟 - 2017/08/06(Sun) 18:33 No.101768   <HOME>

Re: 孤立した島 陽向 - 2017/08/13(Sun) 16:11 No.101848  

Re: 孤立した島 うのはな - 2017/08/14(Mon) 23:29 No.101859  

Re: 孤立した島 亀吉 - 2017/08/19(Sat) 02:24 No.101924  


A少年 ネン - 2017/08/17(Thu) 23:20 No.101897   返 信



広げた一冊の日記に
仕事をしたと記す
抜けるような青空に
戦闘機が飛び交う午後

枯れた井戸に
つるべを落とす
夕焼けはまだ遠く
地平線の彼方に続く

求めている気がする
神や天使の救いを
起きてはいけない事が
巷に溢れている

嘲笑の雨が降る中
五百円の傘を差し
俯いて足早に帰る
今夜の夕飯はにしんだ



以下 このスレッドへのレスです。

Re: A少年 亀吉 - 2017/08/19(Sat) 01:16 No.101923  


ロッケンロ−ル 差羽ナガレ - 2017/08/12(Sat) 18:44 No.101839   返 信
ダックテ−ルを纏める不良

眠らないチャックベリ−

踊ろうぜあの頃の様によ

尖った心の儘でいいから

リズムに乗って身体を揺らせ

同じ瞳をした仲間を誘って

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ロッケンロ−ル うのはな - 2017/08/14(Mon) 22:41 No.101855  

Re: うのはなさんへ 差羽ナガレ - 2017/08/15(Tue) 01:36 No.101861  

Re: ロッケンロ−ル 一般ジーンシモンズ - 2017/08/19(Sat) 00:58 No.101922  


残りもの asa - 2017/08/19(Sat) 00:51 No.101921   返 信
続けていればきっとわかるさ
好きでいればきっとわかる

それが優れたことなんだって
それがあなたなんだって

最初は誰でも不安なもんさ
最初は誰でも自信がないさ

自分の価値などわからなく
人は優れて見えるのさ

それでも それでも 
それでもなんだ

やってみなよ 好きなこと
続けてみなよ やりたいことを

それがきっと 何かにつながる
それがきっと 誰かを変える

そんなあたたに きっとなれる

知っているんだ 好きだって
知っているんだ それだけじゃ

生きていけやしないって
暮らしていけやしないって

へたくそなのはわかってる
うまくなんて生きられない

要領よくって言葉は知ってる
だけどそんなのできやしない

だけど だけど
それでも だけど

これしかないじゃん できること
これしかないもん やりたいことは

自分の意味など どうでもいいさ
みんなと違って それがどうした

おれにはこれしかないんだもん

人はみんなどこかでつまづき
人はみんな自信を失い

そこで初めて自分に気づき
そこで初めて自分を見つめる

今のあなたになにがある
絶望 希望 切望 野望

何かがあるなら進めばいい

人の道から外れず歩めば
そこにはきっと何かある

新たな始まり
新たな終わり

残ったものを愛せばいい


ひとつ よせる 木立 悟 - 2017/08/15(Tue) 22:42 No.101875   <HOME> 返 信




空が空を掻き毟り
空はちぎれ ちぎれちぎれる
爪 柱 軌跡 鐘
傷の音 鳴り止まぬ 傷の音


舌の渦
声の洞
青の青の檻
空の囚人


遠い遠い 雨の色から
目を離せぬままでいる
風の向かう先
やってくる先から


水の音
欠片の音
のばす手足が
羽になる音


何を望み 何を捨てる
幸せに何も寄与しない力を
破けた夜にはばたかせ
蒼は黒への坂をのぼる


雨の日の壁には何者かが立ち
風の斑を語りつづける
壁に祈る壁のように
やがて壁に消えてゆく


光のなかに立つ光
おのれのなかに消えかけながら
ささくれ ふるえ 
滴を纏い ひらかれる手のひら


硝子片に満ちた屍体が指さす海
砂につづく透明な棘
花と化石でできた卵が
打ち寄せては打ち寄せては消えてゆく
















以下 このスレッドへのレスです。

Re: ひとつ よせる ネン - 2017/08/17(Thu) 23:07 No.101896  

Re: ひとつ よせる nona - 2017/08/19(Sat) 00:05 No.101920  


 nona - 2017/08/18(Fri) 23:36 No.101919   返 信


大きな河がある
河岸には森が広がり 樹々が繁る
風が吹くたび たくさんの葉が舞い落ちて
河のゆるやかな流れにのる

流れに乗って たくさんの葉は動いていく
はるか先を流れる葉 あとから流れてくる葉
互いに近づいたり 離れたりしながら
ゆるやかでも 確実に同じ方向に 動いていく

葉が流れるのは さだめ
逃れられない さだめ
全体の方向は 決して変わらない

だからこそ
私は葉に 櫂をとりつける
河の流れを受け入れながら 心のおもむくままに漕ぐ
あの葉も またあの葉も
どれも 誰かが漕いでいる

さだめという名の 拒みようのないめぐみ
命の定めの恵みを受けて 私たちは葉の舟を漕ぐ





ぺっぴんさん うのはな - 2017/08/18(Fri) 00:00 No.101901   返 信

咽喉にうツとつかへる時は
焦らズ騒がズ居るものです

喩へばセンセの使てるハンケチ
黄ばむで汗にまみれても

喩へば夫の座てる座蒲団
ブウとひと声返事をしても

をんながひと言
あらいやや
笑つてやらあ善ひのです

をんながちよつと
およしんなつて
笑ふ仕種が好ひのです

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ぺっぴんさん まんねんぐさ - 2017/08/18(Fri) 13:24 No.101906  

Re: ぺっぴんさん うのはな - 2017/08/18(Fri) 14:56 No.101908  

Re: ぺっぴんさん あゆり - 2017/08/18(Fri) 20:44 No.101914  

Re: ぺっぴんさん うのはな - 2017/08/18(Fri) 20:59 No.101915  

Re: ぺっぴんさん nona - 2017/08/18(Fri) 23:34 No.101918  


夜風 DL-L - 2017/08/17(Thu) 08:44 No.101890   返 信
透明になった

善人でいた僕は褒められず
試しに悪いことをしても気付かれず
一人の毛布が冷たい夜
こっそりと誰かの布団に潜ってみたら暖かく

誰も居ない布団で目が覚め
忘れた夢に流した涙を拭う
目を伏せて齧ったパンは砂の味
涙目でパンを齧る僕を笑う人もいない

僕は透明になった

誰の目にも触れられないまま
咽び泣いたこの声すら届かずに
僕が写った写真は一枚もなく
世界はあれから僕を乗せずに回り出した

ずっと透明だった僕を見て友が笑った

そんな友の存在が暖かくて
そんな友の存在が悲しかった
大きな罪を選んだ友は線路になった
あぁ 君は透明になってしまったんだね

笑いかけてくれてありがとう
でもね 君の場所はここじゃないよ
いつか 僕もそっちに往けるかな
僕の呪いが終わる頃 君はきっと知らない人

きっと僕はまだ透明だから

さようなら 迷わずお往き
提灯に照らされた道をお往き
僕が代わりに透明になるから
僕が君の罪を 僕が君の呪いを背負うから

門限がやってくる前に 皆が待つ場所へ
さようなら また来年も その来年も

僕は透明だろうから

最後の電車が去った踏切で 友に花を手向けた踏切で
ひとり 野良猫に血の通った指を伸ばす
ぐるる 控えめに喉を鳴らした野良猫は
くるり 気紛れに踵を返して路地に消えた

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 夜風 うのはな - 2017/08/17(Thu) 23:42 No.101900  

Re: うのはなさん DL-L - 2017/08/18(Fri) 22:37 No.101917  


せやね、せやね… あゆり - 2017/08/18(Fri) 19:56 No.101912   返 信
せやね、せやね、ほんまやね
いっつもこれしか言われへん

関西人がズバズバと
言うと思たら大違い

とりわけ好きなあんたには
目を見てものも言えんのよ

おまけに乙女は繊細や
嫌われるんが怖いんよ

少しは気づいてほしいねん
恋のマジック消したいねん

慣れへん東京、好かんでも
優しいあんたは好きなんよ


以下 このスレッドへのレスです。

Re: せやね、せやね… うのはな - 2017/08/18(Fri) 21:01 No.101916  

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -