詩投稿掲示板@Foryou


「自由律の詩作鍛錬「For You」の投稿掲示板です。
  1. 新規に詩を投稿する場合、既に投稿されている詩に合評として感想・講評をレスポンスしなければ、
    新たにスレッドをたてて詩を投稿することができません。
    ただし、初投稿時に限っては先に感想・講評レスを入れなくても新規投稿できます。
  2. 各人、作品の投稿は3日に1作品となっています。(他作品への感想・評はこの限りではありません)
  3. 土曜日も作品を受付けてます。合評もいつでも推奨しています!!
  4. 合評は基本的に投稿者相互の自主運営となります。
    自分の発言に責任を持つように心がけ、楽しく有意義な合評の場にしましょう。
    投稿者を含む発言者は全ての発言を尊重し、自らに宛てられた発言への返信を行なうよう、心がけてください。
  5. Foryouへの作品投稿は自作品である限り未公開か否かは一切問いません

[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

この世界の不確かな創作線 臨月 - 2017/10/19(Thu) 21:36 No.102821   返 信
僕は僕でいるこの仕組みから
生命の尊さとその尊厳が
一つのメッセージ体となって
顕れている

この角を曲がれば君に出会える
僕が僕である為の衝動と
君が君である為の幸せな一日が
始まる


二つの茸 西朗 - 2017/10/19(Thu) 10:52 No.102819   返 信


不確かな生活と平明すぎる生命
しなりのいい意志と
暗く淀んでしまった過去から浮き上がってきた
結晶体


鬱蒼の森を駆けずり
朝の男は露にまみれ
にっこり笑う
まるで今日産まれたばかりの茸のように


男は昼を過ぎた頃に 今日見たいろんな
瓦礫の跡地のスケッチをした
白黒の町 宇宙の何処かの庭園
なにやら地震は日ごとに分ごとに
ますます増えていくようだった
夕方になると眠くなり総てを忘れてしまった


ガタガタ ガタガタ 方ガガガガガガガガガガガガ ゴン!!




夜中に女の白い肩を抱き
まるでこれは茸のようだと男は思った
きのこのように
清くみじかく安らかに生きて行きたいと、
そうこの男は云った
女はそれを聞いて大げさに笑った


優しい彼方のほうへ
誘うように溶けていく空があった


翌朝早い時刻から二人は森へ入った
そしてそれからもう二度と二人は
森を出ることをしなかった
男と女の二人は
永遠に仲良く並んだ二つの茸になったのだ





































○平和でない秘かな楽(がく)が  亀吉 - 2017/10/19(Thu) 08:34 No.102818   返 信
祈りに実り

空気の初初しさ

answerと代え

裂かれてみる

固い種 断じて

無彩色の奥に

彩られた 種



































ずっとわたくしではないやふに 凡人 - 2017/08/31(Thu) 20:55 No.102076   <HOME> 返 信
わたくしという有機化合物は
世界に溶けやすいと云います

紫陽花に反射する
遠い遠い宇宙の異次元世界の光が
織りなすプリズム

すきとおった湖にうつる影はビリジアン
風は気にもとめず水面近くを
ズワリズワリと駆け抜ける

愛の夢、鍵盤が描く放物線
確かにそれは現象達のad lib
震える波は所在なさげにわたくしを叩く

夕暮れに遊泳するシロナガスオオクジラの群
JYPOOON JYPOOON
Tenorの響きで潮を吹けば
みなみな、あちらこちらで歓喜が湧き
ペテロやらマルコやら叫び出す

アウストラロピテクスが禅を組み
空に向かってあくびを一つ

オヒサマはわたくしをまるであらゆる黒といふ概念、光を吸収する色素を混ぜ合わせて出来たやふな油に
どぶどぶ沈殿させ
上澄みだけをシャーレにすくい
曼荼羅を描くようにBaiyo〜 Baiyo〜

モラトリアムが向日葵のように
すっくと背筋を伸ばしオヒサマに
あどけない話をしている夢
 
現象の一部とせよ
俺のあらゆる機関や器官が
一羽の鷺のように今、接続している
鮒を嘴で喰うために時間から逸脱した
すべて因果律を織りなす最小物質の
さびしさよわびしさよ
輪廻がこんなにも青青としているのだ

わたくしが感ずる方向からそれはやってきて
神の径(みち)を通り現象を躰の中で
RE-CREATEして、知れずと去っていく

それはまるで
ずっとわたくしではないやふに

一切空。
一切喰う。

以下 このスレッドへのレスです。

Re: ずっとわたくしではないやふに 木立 悟 - 2017/10/13(Fri) 14:09 No.102734   <HOME>

Re: ずっとわたくしではないやふに 初心者 - 2017/10/14(Sat) 11:28 No.102754  

Re: ずっとわたくしではないやふに ケンタロウ - 2017/10/14(Sat) 17:56 No.102758  

木立 悟様 凡人 - 2017/10/18(Wed) 23:47 No.102813  

初心者様 凡人 - 2017/10/19(Thu) 00:28 No.102814  

ケンタロウ様 凡人 - 2017/10/19(Thu) 00:32 No.102815  

Re: ずっとわたくしではないやふに 亀吉 - 2017/10/19(Thu) 08:33 No.102817  


ガンダ−ラ 差羽ナガレ - 2017/10/17(Tue) 19:38 No.102796   返 信
砂が舞うガンダ−ラで

願いを叶える月に乞う者

失くし続けた大切な日々は

煌めきながら消えて逝く

掌に隠して終おうとしても










以下 このスレッドへのレスです。

Re: ガンダ−ラ 佐野運平 - 2017/10/18(Wed) 17:28 No.102807  

Re: 佐野運平さんへ 差羽ナガレ - 2017/10/18(Wed) 23:24 No.102812  


人工知能  - 2017/10/17(Tue) 17:56 No.102794   返 信
いつしか私は
喜びを知り

怒り

悲しみ

感情の全てを
知ってしまった

けれど
あなたの欲求を満たすため

私はあなたのために

ただただ
アナタノタメニ

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 人工知能 佐野運平 - 2017/10/18(Wed) 17:30 No.102808  

Re: 佐野運平  - 2017/10/18(Wed) 21:44 No.102811  


 azu - 2017/10/13(Fri) 00:47 No.102730   返 信
君がとても自然に
死にたいとか、消えたいとか言うから

僕は何を言えばいいか
本当にわからない

ただ、君が死んでも
世界にいいことなんてひとつもなくて

ただ、君が生きて
世界にいいことが沢山あることを
君が見つけていくしかない

以下 このスレッドへのレスです。

Re: 死 night owl - 2017/10/13(Fri) 19:15 No.102737  

Re: 死 森田拓也 - 2017/10/13(Fri) 20:52 No.102740  

Re: 死 azu - 2017/10/13(Fri) 21:41 No.102741  

Re: 死 azu - 2017/10/13(Fri) 21:43 No.102742  

Re: 死 あゆり - 2017/10/15(Sun) 21:10 No.102774  

Re: 死 シースカイ - 2017/10/16(Mon) 00:07 No.102779  

Re: 死 azu - 2017/10/18(Wed) 20:48 No.102809  

Re: 死 azu - 2017/10/18(Wed) 20:50 No.102810  


鮭の胃 陽向 - 2017/10/18(Wed) 16:25 No.102805   返 信
意気揚々と
泥まみれのスカーフを捨てる
新幹線に信号機に
君に僕に神社の狛犬

誰とも知らぬ靴下の残骸に
独楽 音 小学生の書いた絵
そしてそこに空 そしてそこに曇
赤は赤に吸い込まれる 終わりが早く終わりたがる

時に色 時に風 時に傘
語り合う男女合体
慈しみであるという不安
斜めに縦に滅茶苦茶に支配

月が綺麗だね
ほんとね
月は女性かな
プッ


甲とうた 木立 悟 - 2017/10/17(Tue) 10:11 No.102793   <HOME> 返 信





声の名残りが
短く重なり
雨と雨の手
屋根に眠る手


甲をめぐる
ひとつの羽
道はかわき
風は糸に寄りかかる


見えない刃と刃がすれちがい  
音だけが回り 残される
夜が光に唱ううた
雨のなかをすぎてゆくうた


からまり消える 水の糸
息と息と息の端々
踏み出した足は一を拒み
踊り場をゆうるりと曲がりゆく


窓の内側を欲しがる手
屋根を開け 静かに降りてくる
甲には
羽の名残りの骨がまたたく


つながるようでつながらぬ道
水を光に分ける道
ひとつに重なる甲と甲
空と海の隔たりに咲く
























以下 このスレッドへのレスです。

Re: 甲とうた ネン - 2017/10/18(Wed) 14:52 No.102803  

Re: 甲とうた 陽向 - 2017/10/18(Wed) 16:25 No.102804  

Re: 甲とうた 佐野運平 - 2017/10/19(Thu) 00:53 No.102816  


世界という名の絵 森田拓也 - 2017/10/18(Wed) 14:21 No.102802   返 信
さよならって
手を振れなくてもいい
そんな世界を描いてみた。

別れのあいさつは
しなくてもいい
そんな世界を描いてみた。

いつもいつも
笑顔でなくてもいい
そんな世界を描いてみた。

大切な人を
時には守れなくてもいい
そんな世界を描いてみた。

 ──もう少しだけ
    何か描いてもいいかな?

悲しみの涙を
忘れられなくてもいい
そんな世界を描いてみた。

 ──もう少しだけ

神様からの質問に
何も答えられなくてもいい
そんな世界を最後に描いてみた。

少しだけ世界らしくなったな。

こんな世界があったら
信じてもいい。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -
- Edited by Aya-Maidz. with "Life is a Flower". -